本文にジャンプします
メニューにジャンプします

土砂災害ハザードマップ

土砂災害ハザードマップ

土砂災害ハザードマップとは

  • 豊橋市では、愛知県が土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域に指定した地域を対象に、がけ崩れや土石流などの土砂災害に関するハザードマップの整備を進めています。
  • このハザードマップは、「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号)」(土砂災害防止法)に基づき、大雨等により土砂災害発生の危険が高まった場合あるいは災害が発生した場合に、市民の皆さんの自主的な避難や危険回避行動に役立ててもらうために作成したものです。
  • ハザードマップには、土砂災害の発生のおそれのある箇所や区域を地図で明らかにするとともに、土砂災害の知識や避難場所などの情報を記載しています。日頃から、危険箇所や避難場所を確認するなどして、いざという時に「早めの避難」を心がけていただくようお願いします。

土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域

  • 土砂災害警戒区域(黄色で囲まれた範囲)
    • 土砂災害が発生した場合、住民の生命又は身体に危害が生じるおそれのある区域
  • 土砂災害特別警戒区域(赤色で囲まれた範囲)
    • 土砂災害が発生した場合、建築物に損壊が生じ、住民の生命又は身体に著しい危害が生じるおそれのある区域
    • 特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制等が行われます。

土砂災害ハザードマップ

土砂災害ハザードマップの活用について (129KB)
土砂災害(特別)警戒区域の指定状況一覧 (98KB) (平成29年3月時点)

土砂災害防止法指定地区ごとの地図面