本文にジャンプします
メニューにジャンプします

自立支援医療(育成医療)給付

自立支援医療(育成医療)給付

身体に障害のある18歳未満の児童を対象として、医師が手術などにより確実な治療効果が期待できると認めた場合、指定医療機関での入通院に対し(食事療養費は除く)必要な医療の給付を行っています。

自立支援医療(育成医療)を受けるには、受給者証が必要です。
事前(手術等治療開始日以前)に申請し、受給者証及び自己負担上限額管理票の交付を受けてください。
(受給者証交付には2週間程度の期間を要します。)
やむをえない場合(緊急手術、生後間もない等)を除き治療開始日以降1か月以内に申請をしてください。
審査の結果、不承認となることもあります。

対象となる方

  • 豊橋市に住民票があり、18歳未満の方
  • 障害者自立支援(育成)医療指定医療機関にて手術・治療を行う場合
  • 医師が確実な治療効果が期待できると認めた方

 

障害の種類

  • 肢体不自由
  • 視覚障害
  • 聴覚・平衡機能障害
  • 音声・言語・そしゃく機能障害
  • 心臓機能障害
  • 腎臓機能障害
  • 小腸機能障害
  • 肝臓機能障害
  • その他の先天性内蔵障害
  • 免疫機能障害

 

申請に必要なもの

  • 自立支援医療(育成医療)支給認定申請書
  • 自立支援医療(育成医療)意見書(指定自立支援医療機関において、育成医療を主として担当する医師の記入したもの) 
  • 印鑑
  • 受診者の健康保険証(国保の場合は世帯全員の保険証が必要です)  
  • 申請者(来所される方)、受診者、受診者と同じ健康保険に加入している方のマイナンバーカード

マイナンバーカードを発行されていない方は 通知カードおよび本人確認として運転免許証、旅券、在留カード等のうち一つ (申請者以外の方は免許証等は必要ありません)

 

申請場所

豊橋市保健所こども保健課(ほいっぷ1階)


その他

障害者自立支援法により医療費の1割を自己負担(所得に応じて上限額あり)となっていますが、豊橋市では後日申請により払い戻しを受けることができる助成制度を独自に設けています。

※小学生までは1割自己負担分を子ども医療費でまかないますので受診時に医療機関窓口に提示してください。
(母子父子家庭等医療費受給者証、障害者医療費受給者証等をお持ちの方も同様)

 

 

注意事項

  • 保険適用にならない診療内容、入院中の食事療養費は公費負担の対象にはなりません。 
  • 平成29年1月2日以降に豊橋市へ転入された方は前住所地の課税証明など、市町村民税額が確認できる書類が必要となります。(申請時期が1~6月は前々年分、7~12月は前年分のもの)
  • 過去1年間に高額医療費の給付を4回以上受けられている方は、高額療養費の給付が確認できる書類(高額療養費の支給明細書・支給通知書など)が必要となります。

 

申請書類について

1.豊橋市保健所こども保健課の窓口で受け取る
2.
自立支援医療(育成医療)費支給認定申請書類のダウンロード画面へ
 ※申請書のダウンロードについては、ご利用上の注意事項をお読みください