本文にジャンプ移動します
メニューにジャンプ移動します

ホストタウン

現在位置

  1. ええじゃないか豊橋
  2. ethp_楽しむ
  3. ethp_プロモーション事業
  4. ホストタウン
 
 
豊橋市は2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の
ドイツ、リトアニアのホストタウンとしてずっと様々な交流を行っていきます。

本市では、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会をきっかけとしたスポーツ交流の推進に取り組んでいます。
2016年6月14日、豊橋市はドイツ連邦共和国、リトアニア共和国を相手国として関係者との調整を重ね、国への申請を経てホストタウンに登録されました。2020年の大会開催に向け、そしてそのあともずっと両国と様々な交流をすすめていきます。

「ええじゃないか豊橋ホストタウンスタンプラリー」開催中!

ホストタウン相手国のドイツ連邦共和国、リトアニア共和国にかかわりのある施設やイベントを巡るスタンプラリーを開催しています。スタンプをゲットし、応募すると抽選で20名にオリジナル図書カードが当たります!

ぜひ参加して、ドイツとリトアニアのことを好きになり、2020年東京オリンピック・パラリンピックで、日本だけでなくドイツやリトアニアのことも応援しましょう!豊橋市はこれからずっと、ドイツ・リトアニアの両国との様々な交流をすすめていきます。

特設ページへ https://www.city.toyohashi.lg.jp/36999.htm

スタンプラリーリンク

■ホストタウンとは

2020年の大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体のことです。
ホストタウンとして登録される事で、交流計画に位置付けられた事業の推進にあたり関係各府省庁より支援を受ける事ができます。

外部リンク:内閣府ホームページ
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/

 

オリンピックについて

外部リンク:東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

https://tokyo2020.jp/jp/

 ドイツ連邦共和国の紹介

1991年、ドイツの自動車会社の進出をきっかけに、ヴォルフスブルグ市とパートナー協定書を締結し、産業・文化両面での交流を継続しています。ドイツ連邦共和国と本市との関係や、概要・トピックスなどは、上の画像をクリックすると紹介ページに移動します。

参考(外部リンク):ドイツ連邦共和国大使館・総領事館ホームページ
https://japan.diplo.de/ja-ja

参考(外部リンク):外務省ホームページ(ドイツ連邦共和国の説明)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/germany/

 リトアニア共和国の紹介

2005年の愛・地球博のフレンドシップ事業をきっかけに、市民交流を中心とした交流を継続しています。リトアニア共和国と本市との関係や、概要・トピックスなど。上の画像をクリックすると別ページに移動します。

外部リンク:リトアニア共和国大使館ホームページ
http://jp.mfa.lt/jp/jp/

外部リンク:外務省ホームページ(リトアニア共和国の説明)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/lithuania/

取り組みのページへ

取り組みについてまとめた別ページへ移動します。これまでの交流実績や今後の予定など、随時追加いたします。

https://www.city.toyohashi.lg.jp/30262.htm

■豊橋市にゆかりのあるオリンピック選手


豊橋市出身またはゆかりのあるオリンピック選手の方々を紹介するページを作成しました。
https://www.city.toyohashi.lg.jp/31424.htm