本文にジャンプします
メニューにジャンプします

ホストタウン

現在位置

  1. ええじゃないか豊橋
  2. 楽しむ
  3. プロモーション事業
  4. ホストタウン

■ホストタウンとは

2020年の大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体のことです。
ホストタウンとして登録される事で、交流計画に位置付けられた事業の推進にあたり関係各府省庁より支援を受ける事ができます。

外部リンク:内閣府ホームページ
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/

■ドイツ連邦共和国と本市との関係

1991年、ドイツの自動車会社の進出をきっかけに、ヴォルフスブルグ市とパートナー協定書を締結し、産業・文化両面での交流を継続しています。

参考(外部リンク):ドイツ連邦共和国大使館・総領事館ホームページ
http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/Startseite.html

参考(外部リンク):外務省ホームページ(ドイツ連邦共和国の説明)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/germany/


※交流の具体的な計画等は、決定次第お知らせいたします。

■リトアニア共和国と本市との関係 

2005年の愛・地球博のフレンドシップ事業をきっかけに、市民交流を中心とした交流を継続しています。

外部リンク:リトアニア共和国大使館ホームページ
https://jp.mfa.lt/jp/jp/

外部リンク:外務省ホームページ(リトアニア共和国の説明)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/lithuania/


※交流の具体的な計画等は、決定次第お知らせいたします。


■豊橋市にゆかりのあるオリンピック選手


豊橋市出身またはゆかりのあるオリンピック選手の方々を紹介するページを作成しました。
https://www.city.toyohashi.lg.jp/31424.htm


■ドイツ連邦共和国総領事が市内スポーツ施設をご視察されました。
平成28年11月21日(月曜日)
ドイツ連邦共和国総領事ヴェルナー・ケーラー氏ご夫妻が市総合体育館などスポーツ施設や市民病院、宿泊施設をご視察されました。

ドイツ連邦共和国総領事ご夫妻歓迎の様子

ご視察後には「いろいろな施設があり、いろいろなスポーツに対応しているすてきなところだ。ドイツ本国にもそのように豊橋市を紹介しようと思う」と称賛のお言葉を頂きました。

 

ご視察の様子

 

 ドイツ総領事総合体育館ご視察1

 ドイツ総領事総合体育館ご視察2

豊橋市総合体育館1 

豊橋市総合体育館2 

 ドイツ総領事アクアリーナご視察

ドイツ総領事市民病院ご視察 

 アクアリーナ豊橋

豊橋市民病院 


■「とよはしインターナショナルフェスティバル2016」会場でホストタウンPRを行いました。
平成28年11月20日(日曜日)

市内およびその近郊に住む日本人と外国人が一つの行事をともに体験しながら、お互いを理解し、交流を深めるために催されるイベント
「とよはしインターナショナルフェスティバル2016」会場にてホストタウンのPRを行い、市民への周知を図りました。

インターナショナルフェスティバルの様子1インターナショナルフェスティバルの様子2


■豊橋まつりでホストタウンのPRを実施しました
平成28年10月15日(土曜日)、16日(日曜日)の2日間
ええじゃないか豊橋まつりの豊橋球場内特設ブースにて、豊橋市のホストタウン相手国であるドイツ連邦共和国とリトアニア共和国のPRを行いました。
両国の紹介パンフレット等の配布、リトアニア共和国の紹介パネル展示や小物販売を行い、2日間とも天候にも恵まれ、非常に多くのご来場を頂きました。誠にありがとうございました。

当日の様子

2 

 3
PRブース設営の様子 リトアニア紹介パネル展示
 5 6 
パンフレット配布、展示、小物販売のどれも好評で、多くの方が足を止め、両国を知ると共にホストタウンを認識してもらえました。  好評だったリトアニア小物の中でも、最も人気だった物は木製コースターでした。