本文にジャンプ移動します
メニューにジャンプ移動します

高齢者の予防接種(肺炎球菌・インフルエンザ)

高齢者の予防接種(肺炎球菌・インフルエンザ)

 豊橋市では、予防接種法に基づき、高齢者用肺炎球菌予防接種およびインフルエンザ予防接種の接種費用の一部助成を実施いたします。予防接種法では接種は義務ではありませんが、接種を希望される場合は、予防接種の効果と副反応についてご理解をされた上でお受けください。対象者には予防接種予診票を送付します。

平成30年度 インフルエンザ予防接種

実施期間

平成30年10月9日(火曜日)から平成31年1月31日(木曜日)
※インフルエンザの流行期間を考えて、できるだけ12月中旬までに接種しましょう。

対象者

豊橋市に住民登録がある方で、下の1または2に該当する方
1.接種日に満65歳以上の方

(昭和28年10月10日~昭和28年12月31日生まれの方は、 65歳の誕生日を迎えてから接種してください。)  
2.接種日に満60歳以上65歳未満で心臓、腎臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方

(昭和33年10月10日~昭和33年12月31日生まれの方は 60歳の誕生日を迎えてから接種してください。)

※実施期間内に65歳及び60歳を迎える方で、誕生日前に接種を希望される場合は全額自費となります。

その場合の接種費用は医療機関によって異なりますので、接種する医療機関に確認してください。

接種回数(公費負担)

実施期間内に1回 

予診票発送時期

10月上旬

実施場所

市内のインフルエンザ予防接種実施医療機関(対象者の方にお送りする通知に医療機関一覧を同封します)

※医療機関一覧の所在地の訂正について

 医療機関名:はなのきクリニック 

       正:三ノ輪町 誤:飯村南2

接種費用

自己負担金は1,500円です。ただし、市県民税非課税 世帯・生活保護 世帯の方の自己負担金はありません。

その他

・接種の際は必ず予診票をお持ちください。予診票を持たずに接種した場合は、全額自費になります。
・予診票を紛失した場合は、接種前に健康政策課までご連絡ください。
・豊橋市に転入をした場合は、予診票を発行しますので、接種前に健康政策課までご連絡ください。接種後の発行はできません。
・自己負担金は、平成30年度の課税状況に基づいています。課税状況に変更が生じた方は、必ず接種前にご連絡ください。接種後の払い戻しはできません。
・豊橋市内の実施医療機関で接種できない状況にある方は、あらかじめ申請手続きをすれば、公費で接種することができます。接種前に必ず健康政策課に連絡の上、申請手続きをしてください(書類作成に1週間から10日ほどお時間をいただきます。接種まで余裕をもって申請してください)。申請前に接種された場合の払い戻しはできません。

平成30年度 高齢者用肺炎球菌予防接種

定期接種の対象者は年度ごとに異なります。接種の機会を逃さないようにご注意ください。

実施期間

平成30年7月1日から平成31年3月31日

対象者

【平成26年度から平成30年度】 豊橋市に住民登録があり、公費負担・自費を問わず、過去に肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)を接種したことがない方で、下の1または2に該当する方
1.各年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
2.60歳以上65歳未満で心臓、腎臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方

【平成31年度から】
65歳になる方のみ

【参考】平成30年度対象者(生年月日)
 65歳になる方  昭和28年4月2日生から昭和29年4月1日生
 70歳になる方  昭和23年4月2日生から昭和24年4月1日生
 75歳になる方  昭和18年4月2日生から昭和19年4月1日生
 80歳になる方  昭和13年4月2日生から昭和14年4月1日生
 85歳になる方  昭和 8年4月2日生から昭和 9年4月1日生
 90歳になる方  昭和 3年4月2日生から昭和 4年4月1日生
 95歳になる方  大正12年4月2日生から昭和13年4月1日生
 100歳になる方  大正 7年4月2日生から大正 8年4月1日生
・上記対象者は、今年度の接種を逃すと、定期接種(公費負担の接種)は受けられません。全額自費での接種となります。その場合の接種費用は医療機関によって異なりますので、接種をする医療機関に確認してください。
・上記対象者に該当しても、今までに肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)を接種したことがある方は、対象者となりません。

接種回数

1回
※定期接種の対象となる年度は、生涯1回のみとなります (次の5年後は対象となりません)。その年度内に接種されなかった場合、公費負担による定期接種を受けることはできません。

予診票発送時期

6月下旬

実施場所

市内の高齢者用肺炎球菌予防接種実施医療機関(対象者の方にお送りする予診票に医療機関一覧を同封します)

接種費用

自己負担金は2,000円です。ただし、市県民税非課税 世帯・生活保護 世帯の方の自己負担金はありません。

その他

・接種の際は必ず予診票をお持ちください。
・予診票を紛失した場合は、再発行が可能ですので、接種前に健康政策課までご連絡ください。接種後の再発行はできません。
・豊橋市に転入をした場合は、予診票を発行しますので、接種前に健康政策課までご連絡ください。接種後の発行はできません。
・自己負担金は、平成30年度の課税状況に基づいています。 課税状況に変更が生じた方は、必ず接種前にご連絡ください。接種後の払い戻しはできません。
・豊橋市内の実施医療機関で接種できない状況にある方は、あらかじめ申請手続きをすれば、公費で接種することができます。接種前に必ず健康政策課に連絡の上、申請手続きをしてください(書類作成に1週間から10日ほどお時間をいただきます。接種まで余裕をもって申請してください)。申請前に接種された場合の払い戻しはできません。

お問合わせ先

〒441-8539 豊橋市中野町字中原100番地
豊橋市保健所 健康政策課 
電話番号 0532-39-9109/FAX番号 0532-38-0780