本文にジャンプします
メニューにジャンプします

子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチンについて

お知らせ

 平成25年4月1日より定期予防接種となり、豊橋市では対象者に通知書をお送りしていましたが、平成25年6月14日付けで厚生労働省から子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨を差し控える(積極的に接種を勧めるものではありません)勧告がありました。接種される場合は、有効性とリスクを理解した上でお願いします。 詳細は、厚生労働省ホームページをご確認ください。

厚生労働省ホームページ

 子宮頸がんは発がん性のヒトパピロマウイルス(HPV)の持続的な感染が原因となって発症します。性交経験がある女性であれば、誰でも感染する可能性があります。100種類以上の遺伝子型があるHPVの中で、発がん性の高い16型、18型の感染が問題となります。20代から40代の子宮頸がんは増加傾向にあり、子宮頸がんの70%はHPV16 型、18型感染が原因とされています。
 HPVに感染しても多くの場合、ウイルスは自然に排除されますがごく一部に数年から十数年かけて前がん病変の状態を経て子宮頸がんを発症します。HPV ワクチンは、接種時既に感染しているHPVや子宮がん部病変に対しての治療効果はないため、HPVワクチン接種後も定期的に子宮頸がん検診を受け、早期発見に努めることが重要です。

ワクチンについて

 子宮頸がんワクチンは「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類があります。どちらのワクチンで接種するか選択した上で、予約時に医療機関に取り扱いワクチンを確認をしてください。

注意事項

  1. 必ず1回目に接種したワクチンで3回接種をしてください。3回接種をすることで予防効果が得られるため、最後まできちんと接種することが重要です。
  2. 「サーバリックス」と「ガーダシル」はそれぞれ接種間隔が異なりますので、ご注意ください。
  3. 接種後、血管迷走反応として失神することもある為、できるだけ保護者同伴で接種することをお勧めします。
ワクチン サーバリックス ガーダシル
予防できるHPV 16型、18型
(主に子宮頸がんの原因)
16型、18型(主に子宮頸がんの原因)
6型、11型(主に性器いぼの原因)
接種方法 筋肉内注射
接種間隔 半年かけて3回接種
  • 初回接種を0日
  • 初回接種から1月後に2回目
  • 初回接種から6月後に3回目
<接種間隔例>
1回目の接種:平成26年4月1日
2回目の接種:平成26年5月1日
3回目の接種:平成27年10月1日
半年かけて3回接種
  • 初回接種を0日
  • 初回接種から2月後に2回目
  • 初回接種から6月後に3回目
<接種間隔例>
1回目の接種:平成26年4月1日
2回目の接種:平成26年6月1日
3回目の接種:平成27年10月1日

問合先

〒441-8539 豊橋市中野町字中原100番地
豊橋市保健所 健康政策課
電話番号 0532-39-9109/FAX番号 0532-38-0780