本文にジャンプします
メニューにジャンプします

予防接種

予防接種

予防接種について

予防接種を受けましょう

 お母さんから赤ちゃんにプレゼントされた病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきでは生後3か月までに、麻しん(はしか)は生後12か月ごろまでにほとんど自然に失われていきます。この時期を過ぎると、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防することが必要です。その助けとなるのが予防接種です。

定期予防接種

 予防接種法で定められている予防接種で、対象年齢や接種間隔等が決められています。 市では、標準的な接種年齢に達したお子さんには個人通知を行います。

予防接種種類

対象年齢

回数

間隔

予診票発送時期

ヒブ 生後2か月
~5歳未満
4回 初回:27日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回
  
(医師が必要と認めた場合は20日)   
追加:初回接種終了後7月以上、標準的には13か月までの間隔をおいて1回
(1~3回目分)
生後2か月になる前月下旬
(4回目分)
1歳になる前月下旬
小児用
肺炎球菌 
生後2か月
~5歳未満
4回 初回:標準的には1歳までに、27日以上の間隔をおいて3回
追加:初回接種終了後60日以上あけて1歳以降に1回
(1~3回目分)
生後2か月になる前月下旬
(4回目分)
1歳になる前月下旬
BCG  生後1歳未満  1回 生後2か月になる前月下旬
4種混合
 ジフテリア
 百日せき
 破傷風
 ポリオ 
 
生後3か月
~7歳6か月未満
4回 初回: 20日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回
追加:初回接種終了後1年~1年6か月の間に1回(6か月以上あければ接種可) 
(1~3回目分)
生後2か月になる前月下旬
(4回目分)
1歳になる前月下旬
MR1期
 麻しん
 風しん
1歳~2歳未満 1回 1歳になる
前月下旬
水痘(注1) 1歳~3歳未満 2回

1回目:標準的には生後12か月~15か月の間
2回目:1回目終了後、標準的には半年~1年あけて1回(3か月以上あければ接種可)

1歳になる
前月下旬
MR2期
 麻しん
 風しん
5歳~7歳未満で
小学校就学前の
1年間
1回 4月(年長時)
 日本脳炎 <1期>
生後6か月
~7歳6か月未満
3回 初回:6日以上、標準的には28日までの間隔をおいて2回
追加:初回接種後おおむね1年(6か月以上あければ接種可)
3歳になる月
の下旬
<2期>
9歳~13歳未満
1回  
 DT2期
 
ジフテリア
 破傷風
11歳~13歳未満 1回 小学6年生
の4月
 子宮頸がん予防 小学6年生
~高校1年生まで
3回 接種間隔はこちらを参照  積極的勧奨差し控え中のため、希望者は電話申し込み
(注1)水痘に罹患したことがある方は対象外です。

予防接種委任状について

 定期の予防接種を受ける場合は、保護者の同伴が原則です。保護者以外の方が同伴する場合は、委任状が必要となります。
 こちらの予防接種委任状の様式を印刷して使用してください。
 定期予防接種委任状( PDF/56KB )

ポリオワクチン追加接種について

 昭和50年から52年までに生まれた方は、ポリオの免疫を保有している割合が他の年齢層に比べて低いといわれています。ポリオウイルス常在国に渡航するときには追加接種を受けることをお勧めします。

長期療養等の特別の事情の方

 定期予防接種の対象年齢であった期間に、長期療養を必要とする疾病にかかったなど特別な事情により、やむを得ず定期予防接種の機会を逸した方については、その機会が確保され、定期予防接種として接種できるようになりました。 適応される期間は、特別な事情がなくなった日から2年を経過するまでの間です。(ただし、予防接種の種類により年齢の上限があります)

特別な事情とは
  1. 重症複合免疫不全症等、無ガンマグロブリン血症その他免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病にかかった方
  2. 白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群その他免疫の機能を抑制する治療を必要をする重篤な疾病にかかった方
  3. 臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けた方
  4. 医学的知見に基づき、上記理由に準ずると認められる方

転入された方について

 生後2か月から7歳6か月未満のお子さんには、転入手続きをおこなった翌月に「予防接種転入履歴調査票」をお送りしております。今までに受けた予防接種を母子健康手帳の記録を参考に記入してください。この調査票を提出していただくと、予防接種を受ける際に必要となる予診票をお送りいたします。転入前の市町村で発行されている接種券や予診票を使用することはできませんので、ご注意ください。
 また、電話で接種歴を確認させていただくことも可能です。接種を急がれる場合はお電話ください。(ただし、転入手続き当日は予診票の発行ができませんので、翌日以降にご連絡ください。)

外国籍の方で海外から帰国された方

  1. 外国籍の方で母国で予防接種を受けられた方は、母国の予防接種歴が記載されているものの写しを履歴調査票と一緒に郵送していただくか、保健所までご持参ください。
  2. 日本で予防接種を受けるには、母子健康手帳が必要となります。日本で母子健康手帳の交付を受けていない方は、保健所で交付を受けてください。

豊橋市以外で定期予防接種を希望される方(任意接種は対象となりません)

 里帰り出産、豊橋市以外にかかりつけ医がいるなどの理由で市内で接種することが出来ない場合、あらかじめ申請手続きをすることで公費で接種することができます。書類作成までに1週間から10日ほどお時間をいただきます。接種まで余裕を持って申請してください。また、申請前に接種した場合の費用助成はできませんので必ず事前に申請をしてください。

愛知県内

 費用負担はありません。
 愛知県広域予防接種事業、愛知県内の協力医療機関で接種をしていただけます。
 詳しくは愛知県ホームページをご覧ください。

愛知県外

 医療機関で全額自己負担後、払い戻しになります。 

問合先

〒441-8539 豊橋市中野町字中原100番地
豊橋市保健所 健康政策課 
電話番号 0532-39-9109/FAX番号 0532-38-0780