本文へ移動
メニューへ移動
国民健康保険のしくみ

国民健康保険のしくみ

  • 国民健康保険(国保)は、加入者の皆さんが病気やけがをしたとき、安心して治療を受けられるよう、普段から保険料を出しあってお互いに助け合う制度です。国民健康保険の加入者は、医療費の一部を負担するだけで、高度な医療や救命救急医療を受けることができます。もし、国民健康保険制度がなければ、治療費の全額を自己負担しなければなりません。
    そこで、「国民皆保険制度」といって、豊橋市に住んでいて、職場の健康保険等に加入していない方は、すべて国民健康保険に加入することになっています。
  • 国保を運営するのは、私たちの住む市区町村(保険者といいます)です。国保は、私たち加入者(被保険者といいます)が納める保険料(税)や国などの補助金によって運営されています。
    ※平成30年4月から都道府県も保険者に加わり財政運営の責任主体を担っています。
    保険者は、これらを財源に、医療費や出産育児一時金などの給付事業、特定健康診査・保健指導および脳ドックなどの保健事業を行なっています。
    保険給付の内容・保健事業などは、インデックスページをごらんください。

国保に加入する方

職場の健康保険などに加入している方と、生活保護を受けている方以外の豊橋市に住んでいる方は、すべての人が豊橋市で国保に加入することになっています。
  • 自営業の方
  • 農業や漁業の従事者
  • パートやアルバイトで職場の健康保険が適用されない方
  • 退職などで職場の健康保険を脱退した人

加入者(被保険者)

  • 国保は1人1人が被保険者となります。
  • 加入などの届出や国民健康保険税の納付は世帯ごとに世帯主の方が行います。
※世帯主の方が社会保険など加入者で、国保に加入していなくても、同じ世帯に国保加入者の方がいる場合(国保制度ではこのような世帯主を擬制世帯主といいます)には、保険証は世帯主名で交付され、国民健康保険税の納付も世帯主の方に課せられます。
  

問合先

国保年金課 窓口グループ
電話番号 0532-51-2293