当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
食品ロスを減らすためにできること

●食品ロスとは

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。

日本では、年間 646万トン食品ロスがあると試算され、そのうち 300万トンが家庭から排出されています。日本人一人当たりの食品ロス量を試算すると、毎日「お茶碗約1杯分(約 140g) 食べ物」が捨てられてのいる計算になります。一人一人が「もったいない」を意識して、食品ロスを減らしましょう。

未開封の食品例

     未開封の食品例

 

※農林水産省及び環境省「平成 27年度推計」及び食品ロス削減:啓発用パンフレット/基礎編(平成30年10月版 消費者庁作成)より抜粋

 

 

★家庭でできること

「消費期限」と「賞味期限」を正しく理解

消費期限は、「食べても安全な期限」です。

賞味期限は「おいしく食べることができる期限」のため、すぐに廃棄するのではなく、臭いや見た目などで、自分で食べられるかどうかを判断することも大切です。ただし、一度開けてしまったら期限に関係なく早めに食べきるようにしましょう。

 

  

 買い物は必要に応じて

買い物にでかける前には、食品の在庫をチェックし、必要な分だけを必要な時に買うようにしましょう。

 

 

上手に食べきりましょう

野菜や果物の皮は厚むきせず調理し、料理は食べられる量を作りましょう。

 もし食べきれなかった場合は、他の料理に作り替えるなど献立や調理方法を工夫しましょう。

 料理レシピサイト「クックパッド」「消費者庁のキッチン」

 

  

★外食の際にできること

 食べられる分だけ注文しましょう。

小分けや小盛メニューを上手に活用し、料理を残さずいただきましょう。

 

 

宴会編

 乾杯後 30分間は料理を楽しみましょう。

お開き前の 10分間はもう一度料理を楽しみましょう。

幹事さんも食べきるよう呼びかけましょう。

環境省チラシ(3010運動)

環境省 食品リサイクル関係 普及啓発資料(食品ロス削減運動)