本文にジャンプします
メニューにジャンプします

インフルエンザの流行状況

インフルエンザの流行状況

更新年月日: 2016年8月30日

ここではインフルエンザの発生状況や集団かぜの発生状況を説明します。

インフルエンザの予防方法や新型インフルエンザ対策については以下のページを参照してください。

インフルエンザの発生状況

豊橋市内のインフルエンザ発生状況

豊橋市のインフルエンザ流行は落ち着いています。

以下のとおりインフルエンザの予防に努めてください。

  1. 手洗い、うがいをこまめに行う
  2. 症状が出たらマスクをつけ、外出を控える
  3. 人に咳やくしゃみをかけない咳エチケット

予防方法について詳しくは「インフルエンザの予防」のページをご覧下さい。
また、基礎疾患を有する方、妊娠中の方および乳幼児の保護者の方は、早期受診・早期治療を心がけてください。

愛知県内の発生状況

愛知県は平成28年4月27日(水)に「インフルエンザ警報」を解除しました。

インフルエンザ警報は、愛知県内の1つ以上の保健所管内で一定点医療機関当たりのインフルエンザ患者の報告数が30を上回った場合に発令され、愛知県内全ての保健所管内で一定点医療機関当たりのインフルエンザ患者の報告数が10を下回るまで継続されます。

全国の発生状況

厚生労働省「インフルエンザに関する報道発表資料」

 

1定点医療機関あたりのインフルエンザ患者報告数の推移

 「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づき、厚生労働省が感染症発生動向調査を実施しており、豊橋市では市内の12 医療機関から週毎のインフルエンザ患者数の報告を受けています。
国立感染症研究所の「警報・注意報発生システム」では、1週間の1定点医療機関あたりのインフルエンザ患者報告数が10 を超えた場合に注意報、30 を超えた場合に警報が発生する仕組みとなっています。豊橋市では市内の1週間あたりの1定点医療機関あたりのインフルエンザ患者報告数が10を超えた場合に「注意報レベル」、30を超えた場合に「警報レベル」として、流行を注意喚起します。(愛知県は195定点医療機関の平均。)

●定点あたり報告数(グラフ)
インフルエンザグラフ

●定点あたり報告数(表)

第31週
(8/1~8/7)
第32週
(8/8~8/14)
第33週
(8/15~8/21)
第34週
(8/22~8/28)
豊橋市(12定点) 0 0 0 0
愛知県(195定点) 0 0.03 0 -

 

集団かぜ発生状況

集団かぜとはインフルエンザ様疾患(インフルエンザを含むかぜ疾患)の患者が学校等の施設で多数発生することです。今シーズン発生状況は下表をご参照ください。

  •  2015年~2016年シーズンの集団かぜ発生状況
    発生日 施設名 学年・クラス 在籍者数 患者数 欠席者数 措置状況 措置期間 備考
    4/19 野依小学校 4年1組 31 14 12 学級閉鎖 4/20~4/21

 
 2015年~2016年シーズン(1月~3月)集団かぜ発生状況
 flu2015-2016.pdf( 293KB )

過去の集団かぜ発生状況

県内の集団かぜ発生状況

インフルエンザの流行状況に関するお問合わせ先

〒441-8539 豊橋市中野町字中原100番地
豊橋市保健所 健康政策課 感染症予防グループ
電話番号 0532-39-9104 FAX番号 0532-38-0780
(受付時間:8時30分~17時15分)