当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
家屋を新築・増築された方へ

 家屋を新築・増築されますと、その翌年度から固定資産税(都市計画税)が課税されることとなりますが、この税額算出の基となる家屋の評価額を算定するため、家屋の実地調査をお願いしています。

 家屋調査の流れ

家屋の完成後、市役所からお手紙等により調査のご案内をします。(例年 7月~翌 1月)

    ↓

お電話にて調査日時をご予約いただきます。

(土曜・日曜・祝日・年末年始( 12月 29日~ 1月 3日)を除く平日、午前 9時~午後 4時の間でお願いしています。調査当日の立会いは家屋の所有者ご本人でなくても構いません。)

    ↓

調査当日は、市の職員(通常 2名)がお伺いし、固定資産税等の説明、家屋内部及び外部の実地調査をさせていただきます。

調査当日にご用意いただくもの

1.認印

2.個人番号(マイナンバー)を確認できるもの

当日参考に見せていただくもの

3.建築確認済証(建築確認申請書類一式、平面図・立面図・断面図等を含む。)

4.見積書及び工事請負契約書

市の職員に提出していただくもの

5.家屋の平面図(各階)の写し

6.長期優良住宅認定通知書の写し(該当される方のみ)

  • 認印と個人番号は、家屋所有者及び土地所有者全員分をご用意ください。当日記入していただく書類(固定資産税軽減申告書、住宅用地(変更)の申告書等)に必要となります。(申告書等は当日に市の職員が持参します。)

  • 建物の種類・構造によっては上記以外に、竣工図書も見せていただくことがあります。併せてご用意いただきますと調査がスムーズに進みます。

  • 平面図の写しは、当日の家屋調査や評価額算定のための資料として使用します。建物の種類・構造によって、立面図・断面図等の写しもお願いすることがあります。

  • 長期優良住宅認定通知書の写しは、固定資産税軽減申告書の添付書類となります。