本文にジャンプします
メニューにジャンプします

市税 各種税証明に関するQ&A

市税 各種税証明に関するQ&A

Q 税に関する証明はどのようなものがありますか?

A  税に関する証明は次の通りです。
  1. 所得に関する証明(市・県民税関係)
     (1)所得証明
     (2)非課税証明
     (3)課税証明
    ※窓口センターでも発行しています。
    ※所得に関する証明の申請書はこちらのページからダウンロードできます。
  2. 資産に関する証明

     (1)土地
     (2)家屋
     (3)償却資産の評価・課税証明 

    ※窓口センターでは発行していません。
    ※資産に関する証明の申請書はこちらのページからダウンロードできます。
  3. 納税に関する証明(市税に関する納税関係)
    ※窓口センターでも発行しています。
    ※納税に関する証明の申請書はこちらのページからダウンロードできます。

Q 税に関する証明をとるのに手数料はいくらですか?

A  納税証明は、税目の種類及び枚数にかかわりなく、1年度で200円です。その他の証明は1通で200円です。ただし、軽自動車の車検用の納税証明は無料で発行しています。
  • 所得証明は、1年度で1通です。
  • 固定資産証明書は、1枚につき200円です。

Q 代理人でも各種証明はとれますか?

A 個人の所得や資産は、みだりに他人に知られることは納税者にとって喜ばしいことではありません。また、税金の賦課・徴収をしている職員は、その職務で知り得た個人の情報を他人に教えることは禁止されています。そこで、証明を発行する上で細心の注意を払っています。
  1. 窓口にみえた方の本人確認をさせていただきます。(運転免許証、健康保険証等)
  2. 本人及び同一世帯の親族の方が窓口に来られた場合は、その場で発行します。
  3. 2以外の方は、全て承諾書または委任状が必要になります。
  4. 資産などを所有していた方が亡くなった場合は、相続関係が明らかになる書類(戸籍謄本など)を提示していただきます。

Q 郵送でも証明をとることはできるのですか?

A 市外に転出されたりして窓口に来られない理由があるときは、郵送でも各種証明を請求できます。次の方法でお願いします。
  1. 送付先
    〒440-8501(住所は記入する必要はありません。)
    豊橋市役所財務部資産税課税務証明窓口担当
  2. メモ用紙などに、以下のことを記入してください。
    1. 現在住んでいる住所・電話番号
      (※市民税の申告がしてなかったり、内容が不備な場合は、資産税課から電話をする場合がありますので必ず昼間連絡の取れる連絡先の電話番号を記入してください。)
    2. 豊橋に住んでいた時の住所・どなたの証明がいるのか、その氏名(豊橋にいた時の氏名です)、生年月日、そして氏名の後ろに押印してください。
    3. 何年度分の、どの様な種類の証明が、何通いるのか書いてください。
      所得証明については、何年分の所得の証明がいるのか書いてください。
      (例えば、24年度の所得証明とは23年中の所得の証明ということになります。)
    4. 証明の利用目的
  3. 必要手数料分(1通につき200円、資産証明は1通に1名義5筆まで記載)の定額小為替を郵便局で購入していただき、そのまま封筒に入れてください。切手等では受け付けていません。
  4. 申請者の本人確認として、運転免許証・健康保険証・在留カード等いずれかのコピーを同封してください。
  5. 返信用の封筒を同封してください。
    1. ご自分の住所・氏名を記入してください。
    2. 82円切手を貼ってください。(速達の場合は362円です。)

  ※郵送による課税(所得)証明書交付申請書はこちらからダウンロードできます。( 17KB ) 

Q 台帳記載事項及び地籍図、固定資産課税台帳の閲覧の手数料はいくらですか?

A  閲覧については1枚につき100円です。 なお、 台帳記載事項及び地籍図については誰でも見ることができます。
※窓口センターでは閲覧できません。

※台帳記載事項及び地籍図の閲覧の申請書はこちらのページからダウンロードできます。

※固定資産課税台帳の閲覧の申請書はこちらのページからダウンロードできます。

Q 地籍図等の写しはいくらですか?

A  1枚につき250円です。なお、 誰でも取ることは可能です。
※窓口センターでは発行できません。
※地籍図等の複写の申請書はこちらのページからダウンロードできます。