本文へ移動
メニューへ移動
75歳で国保の資格は喪失します

75歳の誕生日で国民健康保険から後期高齢者医療保険に変わります

75歳になると国民健康保険から脱退します

 
平成20年4月1日から後期高齢者医療制度が始まりました。75歳(一定の障害がある方は65歳)の誕生日になったときは国民健康保険から脱退(資格喪失)し、「後期高齢者医療保険」で医療を受けることになります。

国民健康保険被保険者証(保険証)について

 国民健康保険の保険証は使えなくなります

  • 国民健康保険の保険証は、有効期限が75歳の誕生日の前日までとなっており、誕生日以後は使えなくなります。
  • 75歳になる前月の中旬に「愛知県後期高齢者医療広域連合」から新しい保険証が交付されます。
  • 誕生日以後に医療機関にかかる時は、月の途中であっても「後期高齢者医療保険」の保険証を必ず窓口で提示してください。
※国民健康保険の保険証は、市役所国保年金課またはお近くの窓口センターまでお返しください。

世帯主の方は、国民健康保険から抜けても納税通知書が届きます(同じ世帯の中に国民健康保険の加入者がいるとき)

後期高齢者医療制度へ移行した75歳以上の世帯主の方は、国民健康保険から抜けても納税通知書が届きます

  • 世帯主の方が後期高齢者医療保険に変わっても、同じ世帯の中に国民健康保険の加入者の方がいる場合は、引き続き世帯主が納税義務者となりますので、今までと同様世帯主の方あてに国民健康保険税の納税通知書が送られます。
  • 世帯主の方が後期高齢者医療保険に移行した後の国民健康保険税は、国民健康保険に加入している方の所得等をもとに計算され、世帯主の所得等は対象となりません。

社会保険で扶養家族となっていた方はいませんか?

社会保険の本人で被扶養者がいる方が後期高齢者医療制度へ移行する場合、75歳未満の被扶養者は他の保険に加入する手続きが必要です

  • 被保険者本人が後期高齢者医療保険に加入した日(75歳の誕生日)で被扶養者の方も社会保険の資格がなくなるため、国民健康保険に加入するか他の方の社会保険の扶養となるなど、他の保険に加入しなければなりませんのでご注意ください。
  • 加入の手続きは、資格を喪失した日から14日以内に届出をしてください。その際、資格を喪失した証明が必要となります。

後期高齢者医療制度については、愛知県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。
 

問合先

国保年金課窓口グループ
電話番号 0532-51-2293