当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
限度額適用認定証の手続きについて

限度額適用認定証

 【申請条件】

 70歳未満の方・・・・・保険税に未納のない世帯の方 ※1

 70歳~74歳の方・・・住民税非課税世帯の方、課税所得が690万円未満の現役並み所得者(3割負担の

             高齢受給者証が交付されている)の方 ※2

 ※1 70歳未満で国民健康保険税に未納のある世帯の方は、限度額適用認定証の交付を受けることができませんが、住民税非課税世帯であれば入院時の食事代が減額される「食事(生活)療養標準負担額減額認定証」の交付が可能です。

 ※2 70歳~74歳の方のうち、住民税課税世帯で2割負担の高齢受給者証が交付されている方、課税所得が690万円以上の現役並み所得者の方は限度額認定証の申請をする必要はありません。高齢受給者証の提示により自己負担限度額が適用されます。


【申請に必要なもの】

 本人が申請する場合・・・・本人の国民健康保険証

 本人以外が申請する場合・・本人の国民健康保険証、窓口に来る方の身分証明証(写真付)、委任状

 ※有効期限の切れた限度額適用認定証をお持ちの方は、上記のものにあわせてお持ちください。


【申請場所】

 市役所西館1階 国保年金課
 ※窓口センターでの手続きはできません。


【有効期間】

 申請した月の初日から直近の7月31日まで

 ※8月以降も引き続き限度額適用認定証が必要な方は、8月1日以降に更新の手続きが必要です。

関連情報

自己負担限度額について