本文へ移動
一般質問

一般質問者及び質問通告一覧

9月定例会の一般質問は、次に記載のとおりです。本会議はいずれも10時から始まります。

 8月31日(月曜日)

一般質問

 1 近藤喜典 議員

1 新型コロナウイルス感染症に関する誹謗中傷から市民を守る現状認識について
2 豊橋総合動植物公園の運営状況と今後の見通しについて
(1) 昨年度の入園料などの額と内訳について
(2) 今後の施設整備計画における投資額の見込みについて
(3) 民営化に対する考え方について

 2 本多洋之 議員

1 GIGAスクール構想について
(1) GIGAスクール構想の本市の現状とタブレット端末の活用の考え方について
2 イマージョン教育コースについて
(1) 八町小学校イマージョン教育コースにおける子どもたちの学習状況とそこから見えてきた当面の課題について

 3 斎藤 啓 議員

1 市民の多様性を尊重する市政について
(1) SOGIへの対応について
 ア 市の取り組みの現状について
 イ 学校におけるSOGIについての教員への研修と児童生徒の学ぶ機会について
(2) 外国籍市民への対応について
 ア コロナ禍での外国籍市民が抱える課題について
2 多目的屋内施設の整備について
(1) コロナ禍を踏まえた、整備の在り方の視点について
3 放課後児童クラブの環境整備について
(1) 民営児童クラブ施設整備費補助金の目的について

 4 中西光江 議員

1 コロナ禍における公共施設での取り組みと利用への諸課題について
(1) コロナ禍における文化の役割と文化活動への影響について
(2) 「新しい生活様式」に基づく公共施設の利用について
 ア 公共施設の使用料減免の考え方について
2 児童虐待防止への課題と取り組みについて
(1) 本年4月16日に発生した児童虐待による死亡事例に対する認識について
(2) 学校再開後の児童虐待相談の現状と対応について
3 本市の平和行政の取り組みについて
(1) 「平和・交流・共生の都市宣言推進指針」に基づく取り組みについて
 ア 本市の平和行政の取り組みの意義について
(2) 戦争遺跡に対する取り組みについて
 ア 戦争遺跡の保存と対応について

 5 星野隆輝 議員

1 佐原市長3期12年における以下に関する所見について
(1) 首長の多選に起因する問題認識について
(2) 住民訴訟の最高裁決定を経たユニチカ株式会社撤退に伴う一連の議会への説明の在り方の現在の認識について
2 資源化センターを取り巻く諸課題について
(1) 豊橋田原ごみ処理施設整備に関する建設遅延の責任の所在の認識について
(2) 現焼却施設の1号炉損傷事故に関する現在までの協議状況と今後の対応について

 6 尾崎雅輝 議員

1 放課後の子どもたちのための環境づくりについて
(1) のびるんdeスクールのこれまでの取り組みと今後について
2 市民協働の在り方について
(1) 自治会と行政の協働の成果と課題について
(2) 住みよい暮らしづくり計画のこれまでの取り組みと今後について
(3) 市民協働の目指す姿について

 7 寺本泰之 議員

1 12月10日から16日までの北朝鮮人権侵害問題啓発週間について
(1) 「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」の認識について
(2) 同法第4条「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」の取り組みについて
2 まちなか広場(仮称)基本計画について
(1) 多目的空間のビル風(風環境評価)再調査について
(2) 防風対策のための「植樹及びその維持管理」の費用について
3 ユニチカ(株)敷地面積270,692.74平方メートルの売却価格63億円の認識について
(1) ユニチカ(株)から積水ハウス(株)への土地売却価格が63億円であることを本市が知り得た年月日について
(2) ユニチカ(株)から本市への売却価格の報告内容について

 9月1日(火曜日)

一般質問

 8 伊藤哲朗 議員

1 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う影響について
(1) 市内産業への影響について
(2) 市の財政への影響について
(3) 市民病院の経営への影響について

 9 二村真一 議員

1 本市の新型コロナウイルス感染症における医療体制等について
(1) PCR検査等の検査体制の現況について
(2) 患者受け入れの現況について
(3) 市内の新型コロナウイルス感染者報道に対する考え方について

10 及部克博 議員

1 災害時の市民の避難に関する対応について
(1) 本市の新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた災害時の市民の避難行動について
2 競輪事業の課題について
(1) 新型コロナウイルス感染症拡大による競輪開催状況及び競輪場施設等整備計画への影響について

 11 梅田早苗 議員

1 風水害対策について
(1) 本市の風水害対策の取り組みについて
2 豊橋総合動植物公園における動物福祉の取り組みについて
(1) 動物福祉の取り組みの進め方について

 12 鈴木みさ子 議員

1 ユニチカ跡地問題について
(1) ユニチカ跡地に関する住民訴訟の判決の受け止めについて
 ア 判決の確定を受けての市長としての責任の認識について
 イ 判決の確定を受けた記者会見での「市の主張した点は認められた」との認識について
(2) ユニチカ(株)の平成26年10月9日付け申し入れ文書を受けてからの市、ユニチカ(株)双方のやり取りについて
(3) 市議会への対応について
 ア ユニチカ(株)に敷地の返還を請求しないことに関して、議会に諮る必要はないと判断した理由について
(4) ユニチカ跡地に関する市側の主張の変遷について
(5) ユニチカ跡地に関する住民訴訟の弁護士費用について
 ア 豊橋市長の代理人弁護士報酬について
 イ 原告団からの代理人弁護士報酬の請求への対応について
(6) ユニチカ(株)に対する損害賠償請求について
 ア 賠償金の請求の時期と使途の検討について
2 コロナ禍における学校現場について
(1) コロナ禍における学校の対応について
 ア 長期休業を短縮するに至った考えについて
 イ 小学1年生と、市全体の不登校児童生徒の状況について
 ウ 学校における教育課程と学校行事の考え方について
(2) 少人数学級の拡充について
 ア 35人学級を全学年に導入した場合、新たに必要となる教員数と学級数について
(3) GIGAスクール構想について
 ア GIGAスクール構想を導入するに当たっての家庭への支援について

 13 古池もも 議員

1 新型コロナウイルス感染症対策について
(1) 新型コロナウイルスの情報公開の考え方について
(2) 豊橋市新型コロナ通知システムの考え方について
 ア 目的と期待する効果について
 イ 利用状況と実績について
2 保育所における新型コロナウイルス感染症に関する考え方について
(1) 感染者が判明した保育園名を情報公開した市の考え方について
3 ユニチカ住民訴訟について
(1) ユニチカ住民訴訟の経緯と結果をどのように捉えているかについて
(2) 住民監査請求の監査結果と住民訴訟の裁判結果が異なったことに対する認識について

 14 坂柳泰光 議員

1 ユニチカ損害賠償請求事件(住民訴訟)について
(1) 令和元年9月定例会の一般質問にて、「1点でも曇りがあれば最高裁に委ね、判断していただくべきと考えました。」と市長が答弁したが、最高裁決定を受けて市長の認識及び遅延損害金を含めた請求総額について
(2) 最高裁決定を受けて、裁判費用・諸手続きの予定・請求支払い分の使途について
2 本市の新型コロナウイルス感染症への対応について
(1) 市独自の保健所であることのメリットについて(県保健所である場合との比較)
(2) 新型コロナウイルス感染症の市民・議会への情報発信・提供する情報の考え方について
(3) 重篤になりやすいとされる高齢者への取り組みについて
 ア 外出を控えすぎて「生活不活発」による健康への影響と対応について
3 次年度からのまちづくり諸施策への考え方や方向性について
(1) 放課後の新たな学びの場「のびるんdeスクール事業」の全小学校開設への展開について
 ア 本年度モデル校2校(事業費1,700万円程)から想定する事業費総額と利用者負担の考え方について
 イ 事業費と利用料収入のバランスの考え方や方向性について
(2) 学校給食の調理場再整備等における運営管理や事業費について
 ア 調理場再整備等における事業費、運営管理方法の考え方について
 イ 学校給食費の保護者負担と食材調達との考え方や方向性について
(3) 本市のPR大使「豊橋ふるさと大使・豊橋特別ふるさと大使」の設置目的や大使に期待する役割、活動実績について

 9月2日(水曜日)

一般質問

 15 沢田都史子 議員

1 新型コロナウイルス感染症の第2波・第3波に備えた取り組みについて
(1) 新型コロナウイルス感染症対策の現状認識について
(2) 第2波・第3波に備えた保健所の体制整備の考えについて
(3) 第2波・第3波に備えた新型コロナウイルス感染症対策の考え方について
(4) 「地域未来構想20オープンラボ」に対する認識と対応について
(5) コロナ禍において、小中学校の児童生徒が抱えているストレスの現状について
2 高齢者の特性を踏まえた保健事業の取り組みについて
(1) 高齢者の保健事業と介護予防の現況と課題について
(2) 高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施に関する取り組みへの認識及び必要性について

 16 廣田 勉 議員

1 「脱炭素・持続可能な社会」を目指した取り組みについて
(1) 再生可能エネルギーへの転換に向けた取り組みについて
(2) 資源効率の改善に向けた考え方について
(3) 脱炭素型社会に対応したライフスタイルへの変革・転換に向けた取り組みについて
2 豊橋市民病院における諸課題について
(1) 経営企画室が分析する経営状況と求められる対応について
(2) 「新しい生活様式」に対応した働き方について

17 長坂尚登 議員

1 過去12年間の豊橋市長選挙、及び、市長の活動に関する公職選挙法などの法令違反のおそれの実態について
(1) 市長又は市長候補(予定)者やその関連団体に対する、法令違反のおそれからの連絡の事例について
(2) 市長又は市長候補(予定)者やその関連団体に関する法令違反のおそれから、警察との連絡があった事例について
2 佐原市長の公約違反と公約を守る認識について
(1) 12年前のマニフェストにある「市長の多選禁止(三選以内)」を現時点までに実現せず、公約を守っていないことに対する佐原市長の認識について
(2) これまでに示された、いわゆる公約(マニフェスト、約束、政策、提言等)を守る意識が、佐原市長にあるのかどうかについて
3 コロナ禍における、佐原市長の行動について
(1) 2020年8月8日(土曜日)から16日(日曜日)までの期間における豊橋市外への外出と、その内容・理由・目的などについて
(2) 豊橋市で82日ぶりの患者が発生した2020年7月16日以降、3人以上での会食、宴会等への参加・出席・立ち寄り状況について
4 「弁士 自由民主党 党友 豊橋市長 佐原光一」と記載ある演説会のポスターと、党友として党の目的達成に対する佐原市長の認識と協力について
(1) 「党友」としての自由民主党の目的達成への協力に関し、党の理念や綱領等に対する佐原市長の認識と、市政を通じたこれまで及びこれからの協力について
5 「自治会活動の手引き」と、自治会への選挙運動・政治活動について
(1) 現職市長の選挙運動や政治活動に関し、市長及び市長の支援者等が、自治会に、あるいは自治会を通じて、推薦や、後援会の入会・入会案内等の資料配布、選挙運動や政治活動への協力、を求めることについて
 ア 「自治会活動の手引き」を踏まえて、協力等を求めることの適切さの認識について

18 川原元則 議員

1 本市におけるヘルプマークの課題と有効活用について
(1) へルプマークの配布状況と課題について
(2) 災害発生時の避難所におけるヘルプマークの活用について
2 本市における外国人初期支援コースの課題と対策について
(1) 外国人初期支援コース「きぼう」の1・2期生修了から見えてきた成果と課題について
(2) 新型コロナウイルス感染症の拡大により、外国人初期支援コース「きぼう」「みらい」の通級児童生徒が減少している現状と、その対応について
3 本市における震災等発生後の応急仮設住宅及び災害公営住宅の課題と対応について
(1) 応急仮設住宅の建設候補地の考え方について
(2) 災害公営住宅設置の考え方について

19 石河貫治 議員

1 市内にある公園の状況について
(1) 桜守ボランティアの育成状況について
(2) コロナ禍における公園利用について
2 コロナ禍における災害発生時の避難所での感染症対策について
(1) コロナ禍で作成した「感染症を考慮した避難所開設ガイドライン」について
 ア 作成に至った経緯とその内容について
 イ 市民への周知について
 ウ 活用方法について

20 伊藤篤哉 議員

1 本市の産業と社会にイノベーションをもたらすテレワークの展望と課題について
(1) テレワークの導入効果への認識と課題について
2 コロナ禍で変わる社会の中で、開館まで約1年となったまちなか図書館(仮称)及びまちなか広場(仮称)における諸課題への認識と対応について
(1) 豊橋駅前大通二丁目地区第一種市街地再開発事業、まちなか図書館、まちなか広場のコロナ禍における事業進捗について
(2) コロナ時代も含めた人口減少時代におけるまちなか図書館の意義と(政策・施設)評価について
(3) コロナ時代も含めた人口減少時代におけるまちなか広場の意義と(政策・施設)評価について
3 コロナ禍で変わる社会の中で、開館12年を迎えるこども未来館「ここにこ」の諸課題への認識と対応について
(1) 評価指標である開館からコロナ禍における近時までの利用者数について
(2) 新型コロナウイルス感染防止対策と利用の実態について
(3) 開館から12年が経過する中での課題の認識と対応について