当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
軽度・中等度難聴児補聴器購入助成事業

軽度・中等度難聴児補聴器購入助成事業

身体障害者手帳の交付対象とならない中等度以下の難聴児に対し、言語の習得や教育等に
 おける健全な発達を支援するため、補聴器の購入費用の一部を助成します。
 下記のとおり、助成には各種要件があります。申請前に障害福祉課までご相談ください。
 (障害福祉課 電話:0532-51-2345 FAX:0532-56-5134)

 

対象者

 次の要件をすべて満たす者

 

 ・豊橋市に住所を有する18歳以下の者
 (18歳の誕生日後最初の3月31日まで申請可)
 ・両耳の聴力レベルがいずれも30デシベル以上であり、
  身体障害者手帳(聴力障害)の交付対象にならない者
 ・補聴器の装用により、言語習得や教育等における効果が期待できると医師が判断する者
 ・対象児の属する世帯に市民税所得割46万円以上の者がいないこと

 

助成額

 助成額は基準価格と補聴器購入費用のいずれか低い額の3分の2です。 
 ※補聴器1個の場合36,000円、補聴器2個(両耳装用)の場合は72,000円が
  助成上限額となります(イヤーモールドの費用含む)。
 ※基準価格は「補装具の種目、購入又は修理に要する費用の額の算定に関する基準」に
     定められている補聴器の価格に準じます。

 

申請に必要なもの

軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成申請書

 ・医師の意見書
 (※身体障害者福祉法第15条に規定する指定医師が作成したもの)
 ・補聴器の見積書
 (※意見書の処方に基づき、補聴器販売業者が作成したもの)
 ・印鑑
 ・その他
 (※豊橋市に転入され、課税状況を確認できない場合は、対象児童の属する世帯全員の
  所得課税証明書が必要です。)


注意事項

 ・助成を受けるためには、補聴器の購入前に申請をする必要があります。
 ・申請書、意見書は指定の用紙があります。
 ・意見書は身体障害者福祉法第15条に規定する医師が作成したものに限られます。

 こちらもご確認ください。

制度のご案内.pdf( 308KB )
制度のご案内(ポルトガル語版).pdf( 258KB )
豊橋市軽度・中等度難聴児補聴器購入助成事業実施要綱.pdf( 146KB )