本文にジャンプします
メニューにジャンプします

精神障害者医療費助成制度

精神障害者医療費助成制度

自立支援医療(精神通院)

精神的な病気の治療は再発の防止を含め比較的長期にわたることが多いので、通院医療費の自己負担を軽くする制度です。障害者総合支援法による国の制度で申請して承認されると、医療費の自己負担が原則1割となります。有効期間は1年で、更新の手続きは有効期間が終了する月を含む3か月前からできます。確定申告を必ず済ませておいてください。精神科入院中は原則手続きできません。

 [申請に必要なもの]

 1.健康保険証

 2.印鑑(みとめ印)

 3.自立支援医療用診断書 (作成日から3ヶ月間有効・必要な方のみ※)
       ※新規申請の方、更新申請で自立支援医療費受給者証に「次回の申請は診断書必要」と
    記載のある方や治療方針に変更のある方 
 4.自立支援医療費受給者証(更新の場合のみ)
 5.個人番号カード又は通知カード又は個人番号記載の住民票
 6.本人確認書類(運転免許証、官公省が発行した顔写真付きの身分証明書等)   
 7.受給者と同一保険の加入者全員の個人番号カードまたは通知カード
 8.指定したい病院と薬局の正式名称がわかるもの
 9.障害・遺族年金の振り込みがわかる通帳や振り込み通知書(必要な方のみ※)
   ※市民税が非課税で、障害・遺族年金を受け取っている方
 10.市町村民税課税額証明書(必要な方のみ※)
   ※健康保険証に加入しているご本人又はご家族等の市民税の情報が豊橋市役所になく、
            且つマイナンバーによる確認ができない方
 11.代理の方が申請する場合、代理人の本人確認書類(運転免許証、
    官公省が発行した顔写真付きの身分証明書等)、場合により委任状       

自立支援医療(精神通院)を受けている方に対する医療費の助成

自立支援医療(精神通院)を受けている方に対し、精神障害の通院治療に要した医療費の残りの自己負担分(1割)を全額助成します。県外の医療機関に通院されている方は、いったん医療機関の窓口で支払った1割の自己負担額を後で市が払い戻します。

※自立支援医療(精神通院)と他の医療費助成制度「子ども医療、障害者医療、母子父子家庭等医療、後期高齢者福祉医療」を併用されている場合は、他の医療費助成制度で自己負担分1割の助成を受けられます。

※平成29年12月1日診療分から子ども医療が優先となりますので、 精神障害者通院医療費受給者証をお持ちの中学生の方は、12月1日以降に返却してください。

 [払い戻しの申請に必要なもの]
 1.精神障害者通院医療費受給者証    
 2.自立支援医療費受給者証(精神通院)
 3.自己負担上限額管理票
 4.健康保険証
 5.医療機関等発行の領収書(受給者氏名、診療年月日、保険診療点数、医療機関名、

   領収印が明らかなもの)
 6.受給者名義の預金通帳
 7.印鑑(みとめ印)

精神障害者医療費受給者証(全疾患:緑色に青枠)(平成29年12月1日~)

平成29年12月1日診療分から精神障害者保健福祉手帳1・2級をお持ちの方の入院に係る助成対象を、現行の「精神科のみ」から「全診療科目」に拡大し、対象となる方には、新しい受給者証を11月下旬に郵送しました。

・緑色に青枠の「精神障害者医療費受給者証(全疾患)」を交付します。 この受給者証は、精神疾患の通院を除く入通院で有効です。精神疾患の通院は別途受給者証が必要です。)

・ピンク色の「精神障害者通院医療費受給者証」は自立支援医療(精神通院)との併用になりますので、破棄せずそのままお使いください。

[申請に必要なもの]

 1.精神障害者保健福祉手帳1・2級
 2.健康保険証
 3.印鑑(みとめ印)
 4.精神障害者医療費受給者証(全疾患)…更新の場合のみ
 5.個人番号カード又は通知カード又は個人番号記載の住民票
 6.本人確認書類
   運転免許証、官公省が発行した顔写真付きの身分証明書等
 7.代理の方が申請する場合、代理人の本人確認書類(運転免許証、官公省が発行した
   顔写真付きの身分証明書等)

・緑色の「精神障害者入院医療費受給者証」や緑色に赤枠の「精神障害者通院医療費受給者証(全疾患)」をお持ちの方は、平成29年12月1日診療分から使用できませんので、12月1日以降に返却してください。

・平成29年12月1日診療分から子ども医療が優先となりますので、ピンク色の「精神障害者通院医療費受給者証」、緑色の「精神障害者入院医療費受給者証」、緑色に赤枠の「精神障害者通院医療費受給者証(全疾患)」をお持ちの中学生の方は、12月1日以降に返却してください。

※ただし、他の医療費助成制度「子ども医療、障害者医療、母子父子家庭等医療、後期高齢者福祉医療、生活保護」を受給されている場合は、他の医療費助成制度が優先(現在受給していないが、受給資格がある場合も同様)となりますので、引き続き現在受けられている制度をご利用ください。

※自立支援医療(精神通院)の自己負担1割分の助成・精神障害者医療費助成(全疾患)について、65歳以上の方で精神障害者保健福祉手帳1・2級をお持ちの方は除きます。(同様の助成制度が後期高齢者医療にあります。)

申請は市役所障害福祉課にて手続きを行ってください。なお、窓口センター等では手続きはできません。

精神障害者通院医療費受給者証(全疾患:緑色に赤枠)(平成29年11月30日まで)

精神疾患を除く病気で医療機関に通院した時の通院医療費の自己負担を全額助成する制度です。精神障害者保健福祉手帳1・2級をお持ちの方(65歳未満)で精神障害者通院医療費受給者証(全疾患)の交付を受けた方が健康保険証と受給者証(全疾患)を医療機関に提示すると、健康保険の適用となる医療費の窓口負担がなくなります。 平成29年12月1日診療分から使用できませんので、12月1日以降に返却してください。

神障害者入院医療費受給者証(緑色)  (平成29年11月30日まで)

入院した時の入院医療費(精神科診療分)の自己負担を助成する制度です。精神障害者保健福祉手帳1・2級をお持ちの方(65歳未満)で入院医療費受給者証の交付を受けた人に医療助成を行います。ただし、精神疾患以外の診療にかかる自己負担額及び食事代、差額ベッド料など健康保険診療に該当しない費用は助成の対象外です。 平成29年12月1日診療分から使用できませんので、12月1日以降に返却してください。


精神障害者医療に関するお問い合わせ

豊橋市役所障害福祉課
豊橋市今橋町1番地
電話番号(0532) 51-2312
FAX番号(0532) 56-5134