本文へ移動
メニューへ移動
住宅宿泊事業(民泊)について

 住宅宿泊事業(民泊)とは

 住宅において、宿泊料を受けて年間180日を超えない範囲で人を宿泊させる事業のことです。事業を開始する前に届出をする必要があります。市内での事業に関する事務は、豊橋市が対応します。

住宅宿泊事業(民泊)を始められる方へ

 住宅宿泊事業法に基づく、住宅宿泊事業に係る届出手続き及び住宅宿泊事業の業務の実施を行うにあたり、まずは「手引き」をご覧ください。

届出は、原則として「民泊制度運営システム」を利用して行ってください。詳細は、観光庁の「民泊制度ポータルサイト」をご確認ください。

なお、上記サイトには、住宅宿泊事業法に基づく民泊制度の概要等についても掲載されています。