本文へ移動
メニューへ移動
2021年4月

聖火リレーが開催されました

聖火リレーランナー4月6日(火曜日)、57年ぶりに聖火リレーが豊橋で開催されました。こども未来館ここにこをスタートした元フィギュアスケーターの鈴木明子さんをはじめ14人の聖火ランナーたちは、沿道に訪れた方の声援を受け、陸上競技場まで聖火をつなげました。沿道に訪れた方は「一生の思い出になりました」と話してくれました。

令和3年4月市長定例会見を行いました

会見を行う市長4月5日(月曜日)、市長定例会見を行いました。今月は、豊橋市パートナシップ制度が開始されたことや、自転車ヘルメットの購入補助金の拡充、まちなか図書館・まちなか広場などについて発表しました。詳細はYouTubeで御覧いただけます。令和3年4月市長定例会見(YouTubeサイトへのリンク)外部サイトへのリンク

57年ぶりに聖火リレーのトーチに再会しました

辞令をうける新規採用職員1964年に開催された東京オリンピックの聖火リレーで豊橋市役所から東新町までの約1.5キロを走った河辺道夫さんが、4月2日(金曜日)に豊橋市役所で57年ぶりにトーチと再会を果たしました。 このトーチは、当時河辺さんが勤めていた豊橋建設工業株式会社で大切に保管されていました。豊橋建設工業株式会社を退社後、河辺さんと会社の連絡は途絶えていましたが、広報とよはし3月号に掲載された記事が再会のきっかけとなりました。河辺さんは「先導する白バイについていくため、夢中で走った」と当時を振り返り、「4月6日の聖火リレーは成功してもらいたい」と語りました。

令和3年度 採用発令式を行いました

辞令をうける新規採用職員4月1日(木曜日)、新型コロナウイルス感染症対策を施した採用発令式に、一般職89人が参加しました。福祉部長寿介護課の兵藤健斗さんが代表して辞令書を受け取りました。浅井市長は「行動の基本は現場主義であること、市民感覚・常識を意識すること」などと語り、採用された職員を激励しました。