本文へ移動
メニューへ移動
まち・ひと・しごと創生

 平成26年11月、まち・ひと・しごと創生法が制定されました。この法律は、東京への人口の過度な一極集中を是正するとともに、将来にわたって活力ある日本社会を維持していこうとするものです。

 豊橋市では、2060年までの将来を展望する「豊橋市人口ビジョン」及び、本市の創生に向けた平成27年度~令和2年度の目標や施策等を示す「豊橋市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、人口減少に歯止めをかけ、魅力と活力に満ちたまちづくりを進めてまいりました。

第1期豊橋市まち・ひと・しごと創生総合戦略(平成27年度~令和2年度)はこちら


 しかし、本市の人口は依然として減少傾向であり、さらなる人口減少対策を推進するため、「第2期豊橋市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。なお、「豊橋市第6次豊橋市計画」における人口減少対策に分野横断的に取り組む「まちづくり戦略」と目的を同じくすることから、一体的に策定しています。

第6次豊橋市総合計画はこちら

イメージ

第2期豊橋市まち・ひと・しごと創生総合戦略等の策定に係る「将来人口の推計」について

 本市が2015年に策定した「豊橋市人口ビジョン」(以下、人口ビジョンと表記)では、2010年国勢調査を基に2060年までの人口推計を行ったところ、このまま人口減少が進行すると2060年には30万人を割り込むことが見込まれる結果となりました。あわせて、将来を見据えた取り組みを進めることで30万人を維持、さらには取り組みの相乗効果による市民の意識と行動変容の上積みも見込み、33万人を展望できることを示しました。

 今回、第6次豊橋市総合計画並びに第2期豊橋市まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定にあたり、2015年国勢調査を基に同期間の人口推計を再度行ったところ、2060年に30万人を割り込むなど依然として厳しい状況が見込まれる結果となりましたが、人口ビジョンの推計結果から大きな乖離は見られませんでした。

 本市としましては、現在の都市機能や質の高い住民サービスを維持するとともに、自主的で自立した行政運営を確保するため、今回の人口推計に加えて引き続き長期の人口ビジョンで示した人口見通しを踏まえながら、一層の人口減少対策を盛り込んだ計画を策定するものとします。

【資料】第6次豊橋市総合計画並びに第2期豊橋市まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定にかかる将来人口の推計について(PDF/181KB)

  (補足)豊橋市の人口動向(PDF/263KB)