本文へ移動
メニューへ移動
ファシリティマネジメントの推進

  ファシリティマネジメントの推進に関わる取組みとして、各種計画等の作成、市民との情報共有のため公共施設白書の作成や広報活動としてまちづくり出前講座を実施しています。

ファシリティマネジメントについて

ファシリティマネジメントの目的

 ファシリティマネジメント(FM)※とは、施設(建物・設備)、土地といった財産を経営資産としてとらえ、経営的な視点から設備投資や管理運営を行うことにより、総合的・長期的観点からコストと便益の最適化を図りながら、財産を適正に管理・活用していく経営管理手法です(豊橋市ファシリティマネジメント推進基本方針より)。

 本市では、ファシリティマネジメントを推進することにより、施設の総量と経費を抑制しながら、利用者にとっての満足度を向上させることを目的としています。

※ファシリティ(Facility)・・「施設(とその環境)」+マネジメント(Management)・・「経営(活動)」

本市のファシリティマネジメントの推進

 本市では、財政状況や施設の建替え需要等を踏まえ、公共施設を有効かつ効率的に活用するために、豊橋市ファシリティマネジメント推進会議を設置しています。推進体制等は以下をご覧ください。

 豊橋市ファシリティマネジメント推進会議設置要綱(PDF/49KB)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか? 
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。 
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください