本文へ移動
メニューへ移動
1-1 事業系のごみの出し方について

事業系ごみとは

 商店や事務所、飲食店などの事業活動から出たごみは「事業系ごみ」と呼ばれており、下記の区分のとおり「事業系一般廃棄物」と「産業廃棄物(PDF/344KB)」に分けられています。全ての「事業系ごみ」は、事業者の方が自らの責任において適正に処理することが義務付けられているため、「家庭系ごみ」を収集するためのごみステーションへは出せません。「量が少ない」「家庭から出るものとなんら変わらない」と思っていらっしゃる方もあるかもしれませんが、ルールを守って適正に処理してください。

事業系ごみの処理方法は

(1)資源化センターへ自己搬入する方法

 紙くず・木くず・繊維くずなどについては、事前に投入許可証を取得すれば資源化センターに搬入することができます。搬入にあたっては制限等がございますので、詳しくは下記「事業者用ご利用案内」 をご参照ください。その際、投入するごみの種類や量に応じて手数料をお支払いいただきます。
 投入許可証の必要な方は、搬入する車両の車検証の写しを持参の上、市役所廃棄物対策課にて申請してください。

申請書等のダウンロード

(2)民間の許可業者に依頼する方法

 自己搬入できない場合は、民間の許可業者に処理を依頼してください。

一般廃棄物処理業者一覧はこちら
産業廃棄物処理業者一覧はこちら
(産業廃棄物処理業者検索はこちら)

 豊橋市では、市内の事業者の皆さまの事業系ごみの適正処理を支援するため、

  事業系ごみ適正処理リーフレット(PDF/5.6MB )

  事業系ごみガイドブック(専用ページへ移動します)

を作成しておりますので、適宜ご活用ください。