本文へ移動
メニューへ移動
H21まちづくり交付金事後評価(豊橋駅周辺地区)

 豊橋市では、平成17年度から国土交通省の事業採択を受け、「豊橋駅周辺地区」において、まちづくり交付金を活用して豊橋東口駅南土地区画整理事業、南口自由連絡通路、ペデストリアンデッキ、こども未来館の整備やココラフロント等の民間開発の促進などに取り組んできました。

「まちづくり交付金」とは?

 地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実現し、都市の再生を効率的に推進することにより、住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的として、平成16年度に創設されたものであります。
 まちづくり交付金では、地域が抱える課題やまちづくりのビジョンに基づき、まちづくりの目標や数値指標を達成するために必要な事業を記載した都市再生整備計画を作成(Plan)し、成果を意識しながら事業を実施(Do)し、交付期間最終年度に目標の達成度を評価(Check)するとともに、必要な改善点は速やかに改善する(Action)という一連のサイクルを導入しています


まちづくり交付金の説明図

事後評価の目的

 「まちづくり交付金」は、事業実施前の計画段階で目標となる数値指標を設定し、事業最終年度に取り組みの成果を評価する「事後評価」を行い、目標の達成状況等の確認や今後のまちづくり方策の検討をわかりやすく説明することを目的としています。
 事後評価は交付最終年度に事業と並行して実施することと定められています。このため事後評価実施時に計測できない指標等については見込値で評価し、翌年度以降フォローアップを実施することとされています。

事後評価結果の公表について

 豊橋駅周辺地区の事業期間は平成17年度~21年度までの5ヶ年で、最終年度を迎えた平成21年度に事後評価を作成しましたので公表いたします。

関連書類

フォローアップ結果の公表について

お問合せ・ご意見の提出先

豊橋市 産業部 まちなか活性課
 〒440-0897 豊橋市松葉町二丁目10番地
 電話:0532-55-8102
 FAX:0532-55-8100
 電子メール:machinaka@city.toyohashi.lg.jp