本文へ移動
メニューへ移動
2020年7月

電気自動車を活用した災害連携協定を締結しました

協定締結のようす7月28日(火曜日)、豊橋市は、日産自動車株式会社、東愛知日産自動車株式会社と電気自動車を活用した災害連携協定を締結しました。大規模災害時に電気自動車を貸与していただき、避難所等で非常用電源として活用します。佐原市長は「すべての避難所に非常用電源を配備するのは難しかったので本当にありがたい。市民の皆さんに安心を届けられると思う」と話しました。

企画展「吉田城と三河吉田藩 -藩主大河内松平家の歴史と文化-」の開場式を行いました

吉田城と三河吉田藩開場式のようす7月21日(火曜日)、美術博物館で企画展「吉田城と三河吉田藩 -藩主大河内松平家の歴史と文化-」の開場式を行いました。開場式には大河内家15代当主の大河内元冬さんが出席し、「新型コロナウイルス感染症の影響下にもかかわらず、美術博物館でこのような催しが行われ、歴史文化の啓発に貢献することができて光栄です。」と感謝の意を述べられました。企画展では近年の吉田城の発掘調査成果を紹介するとともに、昨年話題となった定家本源氏物語「若紫」(一般初公開)をはじめ、書画や工芸品、古文書など約200点の歴史資料を展示します。

ストリートピアノのオープニングセレモニーを開催しました

オープニングセレモニーのようす7月15日(水曜日)、豊橋駅東西自由連絡通路にストリートピアノを設置し、オープニングセレモニーを開催しました。サプライズで登場したピアニストの重左恵里さんとソプラノ歌手の森谷真理さんによる演奏と独唱が会場を盛り上げました。また、ピアノの寄付者である市民(匿名)からの「音楽はいつの時代も人々の心を癒し、希望を感じられると信じている。ピアノとともにエールを送りたい。」というメッセージが読み上げられました。セレモニー終了後には、市民が順番にピアノを演奏し、楽しむ様子が見られました。

豊橋市内で行われた王位戦のパブリックビューイングを行いました

パブリックビューイングのようす7月1日(水曜日)と7月2日(木曜日)の2日間に渡り、将棋の王位戦第1局がホテルアークリッシュ豊橋で行われ、愛知県瀬戸市出身の藤井聡太7段が勝利しました。市では、穂の国とよはし芸術劇場「プラット」でパブリックビューイングを開催し、詰めかけた多くの将棋ファンが2人の戦いを見守りました。王位戦は7番勝負で行われ、先に4勝した棋士に「王位」の称号が与えられます。