本文へ移動
メニューへ移動
第30回吉田文楽保存会定期公演

第30回吉田文楽保存会定期公演を開催します

 400年以上昔、慶長の時代から受け継がれてきた豊橋市の指定無形民俗文化財・飽海人形浄瑠璃の公演を開催します。

画像が表示できません

日時・演目など

○開催日時:令和3年11月21日(日曜日)

      開場13時00分 開演13時30分

○開催場所:豊橋市民文化会館 ホール

○主  催:吉田文楽保存会

○入 場 料:無料(申し込み不要、全席自由)

○演  目:寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)

      傾城阿波鳴門 巡礼歌の段(けいせいあわのなると じゅんれいうたのだん)

      生写朝顔話 宿屋の段 大井川の段(しょううつしあさがおばなし やどやのだん おおいがわのだん)

定期公演チラシpdf( 926KB )

みどころ

 慶長の時代から豊橋に受け継がれてきた飽海人形浄瑠璃は、物語の筋や情景、登場人物の台詞を語る太夫、音楽を奏でて物語を彩る三味線、人形に命を吹き込む人形遣いの3つの役割が一体となって生み出される総合芸術です。

お知らせ

 吉田文楽保存会は現在、会員を募集中です。

 人形を間近で見てみたい、触ってみたい。文楽がちょっと気になるあなたをお待ちしています。

 練習は見学自由ですので、ぜひお気軽にお越しください。

練習日などの案内pdf( 214KB )