背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
行事・講習会等
  • 2024年2月28日

 第31回臨床獣医師等情報交換会を開催しました。豚熱の発生や、新型コロナウイルス感染症の流行等の影響で、約5年ぶりの開催となりました。愛知県の家畜保健衛生所の獣医師や、大動物の臨床獣医師、JAやNOSAIの獣医師等、27名の獣医師の方が参加して下さいました。全部で10議題の発表があり、質疑応答も活発に行われ、とても有意義な時間となりました。

 夜に懇親会も開催し、違うフィールドで活躍する獣医師の方々と交流することができ、大変盛り上がりました。

 

  • 2024年2月22日

 岐阜大学共同獣医学科の猪島康雄教授と研究生の方が来所し、当と畜場で発見された牛伝染性リンパ腫の検体を用いた、『生乳エクソソームによる牛伝染性リンパ腫の発症予測』の研究内容についてのご報告をいただきました。畜産現場の課題解決とともに、畜産農家サイドだけではなく、発症リスクを事前に予測することで、現在増えていると畜場で牛伝染性リンパ腫と診断される牛を減らし、と畜検査の負担軽減にも貢献したいという内容として大変興味深く拝聴させていただきました。最新の研究手法についても大変勉強になりました。

 

  • 2024年2月1日

 当所職員1名(獣医師)と、健康増進課の職員1名(保健師)が、2024年1月1日に発生した能登半島地震へDHEAT(災害時健康危機管理支援チーム:詳しくはこちら)として、2月1日から8日の1週間、石川県に支援に入ることになりました。