本文へ移動
メニューへ移動
光化学スモッグについて

光化学スモッグについて

光化学スモッグにご注意ください!
 この時期は光化学スモッグが発生しやすくなります。
症状が出たときは、洗眼やうがいを十分行い、涼しい屋内で休息しましょう。

光化学スモッグって?

 
 自動車の排出ガスや工場のばい煙に含まれる窒素酸化物(NOx)や炭化水素(HC)などが、太陽の強い紫外線を受けると光化学反応を起こし「光化学オキシダント(Ox)」と呼ばれる物質が発生します。
 この光化学オキシダントがたまると白くモヤがかかったような状態になることがあり、この状態を「光化学スモッグ」と呼びます。
発生メカニズムの画像
 光化学スモッグは4月から10月にかけての日差しが強くて気温の高い、風の弱い日に発生しやすくなります。
光化学スモッグによる影響として目やのどへの刺激があり、「目がチカチカする」「涙がでる」「のどが痛い」などの症状が出ることがあります。
このような症状が出た場合は、洗眼やうがいを十分に行い、涼しい屋内で休息してください。症状が改善されない場合は、医療機関で診察を受けましょう。

光化学スモッグが発生した場合には・・・

 
 光化学スモッグによる被害を防ぐために、光化学スモッグ予報等が発令された場合は、以下のことに注意してください。
  • 注意報等が発令されたら、なるべく外に出ないようにしましょう。屋内でも風向きに注意して、窓やカーテンを閉めるようにしましょう。
  • 気管支喘息の既往症のある方、乳幼児、高齢者、体が弱い方などは健康な成人よりも影響を受ける恐れがあるので注意しましょう。
  • 白くモヤがかかって、視界が見えにくくなった場合などは運動を中止し、屋内に入るようにしましょう。
  • 光化学スモッグの被害によると思われる目やのどの症状を感じたときには、速やかに保健所へ電話でご連絡ください。

さらに詳しい情報をお知りになりたい方は以下のホームページをご覧ください

愛知県環境時報(速報値)(愛知県環境局)