本文へ移動
メニューへ移動
「とよはしの匠」平成10年度認定者

くすのき賞
水梨豊三氏
ステンレス加工/高技工業株式会社
水梨豊三氏

プロフィール

豊橋工業高校の時計台昭和28年から板金加工自動車修理に携わり、36年に独立し、ステンレス加工全般をこなす職人さんです。
日ごろ、目に見える作品としては、豊橋工業高校の時計台、幸公園の時計台、浜松駅前のステンレス製品があります。また、不可能と言われる度銅とステンレスの溶融といった独自の加工技術をはじめ、半導体製造用の機器や大きなモノではタンクローリーの製作も手がけています。
タンクローリー

選考の評

水梨氏は、ステンレス鋼の加工に卓越し、特にその溶接と曲げ加工の技能は秀逸である。また、きわめて難しいと言われる異種金属の溶接技法の開拓に取り組み、事業化に成功していることについて、水梨氏ならではの技の独創性を高く評価した。



つつじ賞
松井國男氏
建具製造/松井建具店
松井國男氏

プロフィール

火鉢昭和30年に創業。書院・組子欄間からきめ細かな指物までをこなす職人さんです。
市内石巻本町の長楽寺、吉川町の香福寺、蒲郡市の信光寺、三重県鈴鹿の椿大社の一部など、神社・仏閣の仕事も行う一級技能士です。また、昭和52年から3 年間、職業訓練校指導員として後進の育成にあたると共に、優良近代建具展示会では通商産業局長賞をはじめ多くの受賞暦があります。障子

選考の評

松井國男氏は、建具および家具の木材加工の技に卓越している。扇面形入り書院障子、四方ちぎり(水組)の装飾木口を持つ火鉢の製作にみられる技能は、全国的に見ても屈指の職人技である。各種競技会の幾多の受賞歴はその証でもある。