本文へ移動
メニューへ移動
「とよはしの匠」平成13年度認定者

くすのき賞
村上文雄氏
木型工/有限会社高木木型
村上文雄さん

プロフィール

昭和32年に高木木型製作所に入所し、以来、木型工として木型製作の方案の作成にあたり、特に自動車関係の複雑な形状の木型製作を得意としています。

選考の評

鋳造用の木型加工に卓越した技を持ち、その長年の経験をもとに設計図から創造される鋳造方案と木工加工の技能によってエンジンやミッションケースなどの加工難度の高い木型を作る技術が高く評価されました。

小原勝憲氏
金属プレス金型製作/ 株式会社三光製作所
小原勝憲さん

プロフィール

34年前から金属プレス及び金型製作に従事しており、初歩の頃の機械等による手仕上げの時代から最近のコンピュータ化されたNC工作機械による製造まで、精度の高い金型作りに取り組んできました。

選考の評

金属プレス金型における精密加工に卓越した技能を持ち、それは、今日のコンピュータ制御のNC機械ではなお造り得ない高度な熟練の技であることが高く評価されました。



つつじ賞
杉浦 功氏
宮大工/有限会社杉浦功建築
杉浦 功さん

プロフィール

昭和24年に宮大工に弟子入りし、若くして棟梁となり、以降、多様な経験と鍛錬された技術で、一般建築から神社仏閣まで幅広く木造建築を手がけてきました。

選考の評

宮大工の棟梁として、わが国伝統の木造建築物の建造に卓越した技を持ち、熱田神宮の社殿をはじめ、東海地区の数々の寺社建築を手がけ、その作品からも棟梁としての技量が抜きんでて優秀であることが高く評価されました。

田中 満氏
鬼板師/株式会社伊藤鬼瓦
田中 満さん

プロフィール

豊橋の鬼瓦に見られる独特の製造方法により、他の地域に無い彫りの深さ、線の力強さを表現し、匠としての技術にふさわしい職人としての修行を重ねてきました。

選考の評

わが国伝統の鬼瓦製作に卓越した技を持ち、鬼板師(鬼瓦職人)として、建築における日本文化の保存に貢献しているとも言え、創造性豊かなデザイン力とへら使いなど様々な技法を有していることが高く評価されました。