本文へ移動
メニューへ移動
「とよはしの匠」平成28年度認定者
平成28年度「とよはしの匠」紹介リーフレット(512KB) 

くすのき賞

 楠本 好行さん 昭和25年生まれ/金属プレス加工・金型製作加工
株式会社三光製作所(佐藤一丁目)

超精密金型の匠
-ミクロの技-

 楠本さん顔写真

自動車関係のコネクタ端子やカメラ関係の電子接点など極小部品をプレス加工するための精密金型製作において卓越した技を有しています。金属プレス加工には金型が必需であり、その精度で完成品の出来栄えが決まりますが、サブミクロンの精度を要求される精密金型製作に必要なこの高度な技能は、様々な分野で各種部品の小型化が進む現在において今後ますます重要なものとなり、伝承すべき貴重なものです。また、生産支援セクションの顧問として後進の育成にも努力されていることも高く評価されました。

 楠本さん作業写真 楠本さん作業道具楠本さん作品


くすのき賞

 桜井 誠さん  昭和31年生まれ/精密工具製造
株式会社ホシノ(下五井町)

NCプログラミングの匠 
-匠の技をプログラム化-
  

 桜井顔写真

高精度な切削工具を製作するためのフライス盤加工・旋盤加工に高い技能を有し、その経験を基にカスタムマクロによる演算プログラム開発し、NC(数値制御)工作機械の能力を最大限引き出す事に卓越した技能を有しています。現在、切削加工を行う工作機械の多くはNC工作機械が用いられていますが、汎用機における高い技能の裏付けが無ければ、NC工作機械に緻密なプログラム指令を出す事ができないため、今後も継承が必要とされる技能です。また、工場長として若い世代への技能伝承に熱心に取り組んでいることも高く評価されました。

 桜井さん作業2
桜井さん作業1桜井さん作品


明日の匠

 望月 成高さん   昭和47年生まれ/宮大工
株式会社望月工務店(下地町)

社寺建築の匠 
-日本伝統建築技術を継承-

望月さん顔写真

1級建築大工技能士の資格を有するほか、棟梁専攻建築士(社寺仏閣・数寄屋造)、日本伝統建築技能者認定など、日本伝統建築に卓越した技能を有しています。また、社寺建築だけでなく若い世代向けに日本建築の伝統技術を活かしたデザイン住宅では「伝統の進化」を提唱しているほか、若い職人達や建築を志す学生達へ積極的に伝統大工技術の伝承に努めており、今後ますますの活躍が期待できる点も「明日の匠」として高く評価されました。

 望月さん作業写真  
望月さん作品1望月作品2