本文へ移動
メニューへ移動
古くなった消火器をどのように廃棄処分すれば良いのか、教えてください。

古くなった消火器をどのように廃棄処分すれば良いのか、教えてください。

取り扱いと廃棄方法についてお答えします。
古くなった消火器は、底が錆びるなどしており、事故のほとんどは、
消火器の安全ピンを抜いて、レバーを握るなどの後に発生しています。
持ち運ぶ際には、中身を抜こうとしたり、衝撃を与えたりせず、
そのまま業者などに引き取ってもらうようにしてください。

消火器は、処理困難物として区分され、市のごみ収集日に廃棄することはできません。
廃棄方法は、次の3とおりがあり、いずれも処理代金が必要となりますので、
それぞれにお問い合わせください。

1 ホームセンターなどで引き取ってもらう。
  市内の大手ホームセンターでは、購入した本数と同じだけ住宅用の消火器に限り、
  無料で引き取ってもらえるサービスをしているお店もあります。
  各取扱店にお尋ねください。

2 消防設備業者に引き取ってもらう。

3 3月と11月に消火器破裂事故対策として、市内の消防署が引き取ります。
  市民の方が、市内8か所のいずれかの消防署に持ち込みとなります。
  住宅用消火器で大きさが限定されています。
  広報とよはしに掲載しますので、詳細をご覧ください。

 消火器の規格・点検基準リーフレット.pdf(1224KB)

更新日:2009年11月2日