本文へ移動
メニューへ移動
市税の延滞金の計算方法を教えてください。

税金の延滞金の計算方法を教えてください。

<計算方法について>
 延滞金はそれぞれの税額について納期限の翌日から計算されます。
(例)
 平成31年度(令和元年度) 固定資産税・都市計画税 第1期 65,000円 を令和2年1月31日

に納付した場合。
 1期の納期限が令和元年5月31日で
   初めの1か月については、年 2.6%(令和元年6月1日~6月30日)
   その後については、 年 8.9%(令和元年7月1日~令和2年1月31日)
   の割合で計算されます。
 計算式は、(a)(65,000円×0.026×30日)/365日
     +(b)(65,000円×0.089×215日)/365日
     = 138円 + 3,407円 = (c)3,545円 ≒ 3,500円(延滞金)
     

 ※(a)(b)については1円未満の端数を切捨てます。また、合計額が1,000円未満の場合は延滞金はつきません。(c)のように延滞金がついた場合、100円未満は切捨てます。

 ※延滞金の割合については、年ごとに改正されます。また、令和3年1月1日以後についても同様に別の割合が適用される可能性があります。

更新日:2019年12月17日