現在位置

  1. ホーム
  2. 子育てするなら豊橋市
子育てするなら豊橋市
 豊橋市は、「とよはし子育て応援宣言」を発表し、地域みんなでパパやママの子育てを応援できる環境づくりに取り組んでいます。
 子育て家庭を対象とした経済的な負担の軽減はもちろん、子育て環境や教育の充実に力を入れています。また、子どもをのびのび育てるための自然環境にも恵まれています。

妊娠期から子育て期にわたる安心のママ&チャイルドサポート

豊橋市では、妊娠から出産、子育てまで、パパやママとお子さんが安心して過ごせるよう、健診等の健康管理や相談対応を充実させています。

ママ&チャイルド


独自に保育料等を軽減

 国が実施する幼児教育・保育の無償化に加えて、市独自で保育料等を軽減しています。

こども園

  • 3~5歳
    給食費(副食費) 第3子以降:無料
  • 0~2歳
    保育園・認定こども園の保育料 第3子以降:無料、第2子:半額

保育料等の軽減について


子育てと仕事が両立しやすい環境づくり

 利用ニーズの高い0~2歳児の受け入れ拡充や、専任職員による入園に至るまでの継続的な支援を行います。また、利用ニーズに応じて、新たな放課後児童クラブを開設するほか、夏休み期間限定の児童クラブや英会話教室を実施しています。また、地域の多彩な人材によるスポーツや音楽、昔あそびなどの体験活動を行うトヨッキースクールや地域いきいき子育て促進事業も実施しています。

写真「トヨッキースクール」


子育て世帯にやさしい住宅支援

 子育て世帯が安心して暮らせるよう、住宅の取得や入居を支援しています。

 


充実した学習環境

英語と日常的にふれあい、世界で活躍できる力を持った子どもを育てるため、毎日の授業を英語で受ける「イマージョン教育」の実施に向け、モデル校において、3年生の算数を1年間通して英語を用いて行うなど本格実施に向けた準備に取り組んでいます。公立小学校では全国初となる取組です。

教育の充実の取り組み

写真「イマージョン教育」

  • 毎日の授業を英語で受けるイマ―ジョン教育
  • 研究実践小学校で、音楽、図工、体育、総合の時間などの授業を英語で展開
  • 全小学校へタブレット型端末を配備
  • 小中学校のモデル校へスポーツトレーナーを派遣
  • 外国につながる子どもたちへの日本語学習支援

親子で楽しく過ごせる環境が充実

 こども未来館やのんほいパーク(動植物公園)などの施設が充実し、海や山が近く自然とのふれあいも気軽にできる環境は、子どもに様々な体験の機会を与えることができます。

写真「施設」

経済的な困難を抱える子どもの未来を応援

 子どもの将来が生まれ育つ環境に左右されることがないよう、市民活動団体や関係機関と連携し、学習支援や生活支援に取り組んでいます。

 

 


児童虐待防止に向けた環境づくり

 子ども家庭総合支援拠点ココエールを中心に、切れ目のない支援により保護者の不安感や負担感を軽減し虐待の発生予防に取り組んでいます。また、関係機関とのネットワークの強化や児童相談所設置の検討など、児童相談体制の充実に取り組んでいます。

ココエール

写真「こども若者総合相談支援センター」

  • 子どもや家庭に寄り添った相談と支援
  • 心理検査に基づく助言
  • ボランティアの家庭訪問による家事育児支援や外出の同行
  • 児童虐待防止、早期対応、再発防止のためのネットワークの充実

障害がある子どもや発達に心配がある子どもの子育てを支援します

 医療的ケアが必要な子どもの保育園・学校等に看護師を派遣する費用の助成をはじめ、通園・通学の支援や経済的な支援を充実しています。また、こども発達センターでは、子どもの発達についての相談や診療・リハビリ、通園事業等を行っています。