本文へ移動
メニューへ移動
豊橋市歩いて暮らせるまち区域定住促進事業費補助金について

~歩いて暮らせるまち区域への居住をお考えの皆さまへ~

豊橋市では、将来の人口減少に備え、都市機能集積の効果を活かしながら、中長期的に居住の誘導を図ることを目指し、豊橋市立地適正化計画を策定しました。この計画では、様々な世代を誘導し、高密度な人口集積を図るため、歩いて暮らせるまち区域を設定しています。同区域での定住を促進するため、新たに家屋を取得し居住する方に補助金を交付します。

豊橋市立地適正化計画についてはこちら

補助内容

項目  補助内容  金額
 家屋

補助対象者の方に、所有する家屋に係る固定資産税相当額を最大3年間補助します。

固定資産税相当額
 土地

補助対象者の方に、所有する土地に係る固定資産税相当額を最大3年間補助します。

 固定資産税相当額
 子育て奨励金

補助対象者の世帯を構成する中学生以下の子に対して奨励金を交付します。 

 10万円/人(1回限り)

※すでに豊橋市にお住いの方が、「歩いて暮らせるまち区域」に新たに転居される場合は、補助率は2分の1です。

 

補助対象者

下記の1.~6.の全てを満たしている方が対象となります。

1. 平成30年9月1日以降に、「歩いて暮らせるまち区域」に家屋を新築した方。

(※分譲マンションや中古住宅を購入した方も対象となります)

2.市外に3年以上連続して住んでおり、豊橋市に転入後、5年以内に自己居住用不動産を取得した方。(または、市内の「歩いて暮らせるまち区域」外に連続して3年以上住んでおり、転居後3年以内に自己居住用不動産を取得した方。)

3.10年以上、補助対象となる家屋(下記参照)に定住することを決めている方。

4.「歩いて暮らせるまち区域」内に転入・転居後、町内会に加入している方。

5.市税等の滞納がない方。

6.世帯の構成員全員が暴力団員ではないこと。

補助金対象となる家屋及び土地

下記の1.~6.の全てを満たしている家屋及び土地が対象となります。

1.補助対象者が補助金申請時に居住しており、その住所に住民票があること。

2.家屋には、風呂と台所及び便所があること。

3.家屋のうち、居住用の延べ床面積が50平方メートル以上あること。

4.店舗等を併設する家屋にあっては、居住用の面積が家屋全体の延べ床面積の2分の1以上であること。

5.中古住宅にあっては、3親等以内の親族から取得した家屋ではないこと。

6. 補助対象者が所有し、1~5の要件を満たす家屋が建築されている土地。(ただし、3親等以内の親族から取得した土地を除く)

※補助対象者の条件を確認する際には、以下のリストをご活用ください。

補助対象確認シートPDF( 69KB )

※また、詳細な要件については、下記要綱をご参照ください。

豊橋市歩いて暮らせるまち区域定住促進事業費補助金要綱PDF( 99KB )

歩いて暮らせるまち区域の詳細はこちら(ちずみる豊橋)

↑調べたい場所を地図上で左クリックすると区域の内外がわかります。

補助制度の申請手続きについて

この補助金は、豊橋市立地適正化計画(平成30年9月1日公表)に基づき、運用されます。このため、公表日以降に家屋を取得し、転入または転居した方を対象とします。

具体的な補助申請については、対象となる家屋の納税通知書の受領後から、対象認定の申請が出来るようになります。申請の詳細は下記申請フロー図をご覧ください。

申請フロー図PDF( 45KB )

申請フロー

※ご自身が対象となるかどうかの事前相談は、随時受け付けておりますので、お問合せください。

申請様式

補助を受けようとする方は、固定資産税の納税通知書を受領した日から当該年度の9月末日までに様式第1号および添付書類9種類を提出してください。ただし、様式3号を提出する場合、添付書類を大幅に省略することができます。(詳細は様式第1号内に記載)

1.固定資産税課税の初年度の提出様式

 様式第1号 

補助対象者認定申請書pdf( 49KB )

 様式第1号(記載例) 補助対象者認定申請書(記載例)pdf( 163KB )
 様式第2号 定住誓約書pdf( 24KB )
 様式第3号 個人情報の閲覧等にかかる同意書pdf( 26KB ) 

2.上記1提出の翌年度以降の提出様式

 様式第5号 補助金交付申請書pdf( 27KB ) 
 様式第7号 補助金交付請求書pdf( 31KB )