本文へ移動
メニューへ移動
新生児聴覚検査

  新生児の聴覚障害の頻度は、出生児1,000人中1~2人に起こるといわれています。聴覚障害は、早期に発見され適切な支援が行われれば、その影響が最小限に抑えられ、言語の発達・獲得につながり、コミュニケーション能力の向上が期待されます。出生後、産婦人科等で受ける新生児聴覚検査の費用の一部を公費で補助します。

検査方法及び費用の補助金額、実施回数

AABR(自動聴性脳幹反応)・ABR(聴性脳幹反応検査):5,000円以内

OAE(耳音響放射):3,000円以内

いずれか1回

健診時期

原則出生後1か月まで(なるべく生後7日ごろまでに受診してください。)

対象者

豊橋市に住所を有する乳児

実施方法

母子健康手帳と同時配付の「妊産婦・乳児健康診査等受診票つづり」にとじ込みの受診票を使用し、産婦人科等で受診してください。

払い戻しについて

里帰り出産などで豊橋市と契約をしていない市外の産婦人科等で新生児聴覚検査を受けられる場合は、本市の新生児聴覚検査受診票が使用できないため、新生児聴覚検査費用の自己負担額を限度額の範囲内で払い戻しいたします。

<申請の手続き>
下記のものをご持参の上、受診日よりお子さんが6か月になる前日(土日祝日であればその前の平日)までに豊橋市保健所こども保健課(ほいっぷ1階)へ申請してください。

  • 新生児聴覚検査受診票
  • 領収書(原本)
  • 母子健康手帳
  • 保護者の口座名義・口座番号のわかる預金通帳など
  • 印鑑