本文へ移動
メニューへ移動
豊橋市立看護専門学校/先輩メッセージ

先輩からのメッセージ

 本校へ入学をお考えのみなさんに先輩からの温かくて元気の出るメッセージをお届けします(令和2年度の学年です)。

→看護第1科の先輩
→看護第2科の先輩
    



1科1年岡本亜妃乃

 私の理想の看護師は、患者さんに対して常に笑顔で対応することができ、患者さんだけでなく家族にも寄り添ってあげられるような看護師です。これからの学校生活を過ごしていく3年間は、厳しいことやたくさんの困難にぶつかっていくと思います。そんな時は周りと励まし合って努力をして看護師として必要な体力や、肉体的・精神的な強さを身に着け、私が目標としている看護師になれるように頑張っていきます。

                    (11年 岡本 亜妃乃)

 


1科1年清原琴梨  入学式から約二ヶ月が経ちましたが、まだ授業は一度もなく、家庭学習が続いています。家庭学習中の課題を進めるときには、聞きなれない言葉も多く、教科書を読んで理解するのが難しく感じることがあります。そのため、これからの授業や学習面での不安もありますが、これを機に入学式に感じた幼いころからの夢に近づけて嬉しかった気持ちや頑張っていこうという気持ちを思い出して、何事にも一生懸命取り組んでいきたいと思います。

                    (11年 清原 琴梨)

 


1科1年守田真子

 私が看護師になりたいと思ったきっかけは、父が熱中症で倒れたことです。倒れた父を見て何もできなかった私の隣で、母は冷静に対処し、私に的確な指示を与えてくれました。その母の姿がとてもかっこよくて、それまではなんとなく看護師になりたいと思っていた気持ちが、「絶対に看護師になる」という強い気持ちに変わりました。今、私の理想の看護師像は、迅速に行動し対応できる看護師です。さまざまなことを学び吸収して夢を叶えたいです。

              (11年 守田 真子)

 


1科2年神谷茉以 今年の4月から2年生になり、学校生活にも慣れてきました。授業では1年生で学んだ基礎を土台として、更なる知識や技術を身につけるため、課題や技術試験、授業数が増えてきます。そのため、時間を大切にし、一つ一つの課題をクリアしていきたいです。私は勉強が苦手なのですが、先生に質問したり、図書館で本を借りたりと周りについていけるようにしています。忙しくなると思いますが、看護師になる夢に向かって頑張ります。

12年 神谷 茉以)

 


1科2年福井友介

 入学した当初は勉強、学校生活ともに不安しかありませんでしたが、始まってみると何とかなるもんです。今は逆に学んでいること、そして学校生活の全てが充実感に満ちています。個人的には今までの小、中、高、大学を含めた生活の中で一番充実しているのではないかと思います。それともう一つ、入学したらきっと自分のためになることがありますよ。入学待っています!

  (12年 福井 友介)

 

 


1年2科間瀬木優未

 

 

 入学して1年が経ち、基礎看護学実習Ⅰを終え、実習を通して様々な経験をし、より看護師になりたいと思うようになりました。毎日の記録や課題は大変でしたが、グループメンバーや友人と協力や話し合いをしながら切磋琢磨することができました。これからの2年間もまだまだ大変なこともたくさんあると思いますが、頑張っていきたいです。

                        (12年 間瀬木 優未)

 

 


1科3年江菅彩夏 今年の4月から3年生になり、実習や国家試験と勝負の1年になります。入学してから2年間で、患者様や先生方から多くのことを学ばせていただき、クラスの仲間たちと助け合いながら楽しく過ごすことができています。この1年は、大変なことも多いと思いますが、友人や先生方、患者様や看護師さんに感謝の気持ちを忘れず、がんばりたいと思います。

(1科3年 江菅 彩夏)

 

 

 

 

 


1科3年佐藤聖真  いよいよ3年生になり、実習と国家試験で大変、かつ有意義な1年になると思っていた矢先に新型コロナウイルスの流行により約一カ月間の自宅研修となり、少し戸惑いました。この先ほとんど休みのない中で実習の連続となり、例年以上に大変な1年になると思いますがクラスの仲間と協力し、先生方の助言を得つつ一緒に乗り越えていきたいと思っています。この経験がこの先の人生に活きていくと信じて頑張ります。

                                 (13年 佐藤 聖真)

 

 

 

 



1科3年原田楓華

 この学校へ入学し、最後の1年になりました。3年生は実習と国家試験の勉強で忙しく大変な年だと思いますが、毎日コツコツ学習をして悔いのない1年にしていきたいと思っています。実習は辛いことや苦しいこともありますが、メンバーのみんなや先生方がいるので、たくさん相談し、助け合うことで次の日にはまた笑顔で病棟へ行くことができています。助け合うことができる優しい仲間と、いき詰まった時、手を差し伸べてくれる先生方がいるこの学校だからこそ、頑張ることができると感じています。

                                (13年 原田 楓華)

 

 

 

 


2科1年西本善昌

 私は将来、訪問看護師として患者や地域に寄り添った看護をしたいと考え、進学を決めました。学業と仕事の両立は正直大変です。しかし、これから座学で得た知識を臨床で活かしたり、座学と臨床の両面から看護を学べるだろうと思うと、貴重な経験のできる3年間になるだろうと感じています。コロナの影響で少し遅れてのスタートとなるため不安もありますが、いろいろな考えや知識を吸収し、目指す看護師像に近づけられるように努力したいです。                                

21年 西本 善昌)

 

 


2科1年久保田千遥 私が進学を志したきっかけの一つは、準看護学校の実習で患者さんとの関わりである。個別的な看護を展開するに当たり、知識の少なさから思うように看護展開できず、まだまだ学びが必要であると実感しました。悔しい思いもしましたが、患者さんの状況を把握しメカニズムを理解し、根拠をもって患者さんと関わることで学びの楽しさも知りました。この学校では更に深く学び、臨床にでた際には患者さんにあった看護ができる看護師でありたいと思い日々勉強に勤しんでいきたいです。                

21年 久保田 千遥)

 

 



2科1年福井彩香 4月の入学式を終えてから、約2か月が経ちましたが新型コロナの影響によりまだ授業ができていません。しかし連日のニュースを見る中で、看護師をはじめ医療従事者の存在の大切さを改めて感じています。これから勉強や実習が本格的に始まります。大変なこと苦しいことがあるかもしれませんが、看護を必要としている患者様がいるということを忘れずに、これからの3年間有意義な学校生活を送りたいです。

2科1年 福井 彩香)

 

 

 


2科2年梅原亜季子

 私は臨床での経験を経てこの学校へ入学し、現在も病院勤務と並行し通学しています。1年生の間は仕事と勉強と家庭の両立に正直苦しみましたが、2年生に進級できたことに心から喜びを感じています。この学校では、辛い時に助け合え、楽しいことを一緒に笑える仲間に出会えました。今後始まる実習でも、仲間への感謝の気持ちを忘れず、協力して乗り越えていきたいです。               

22年 梅原 亜季子)

 

 

 

 

 


2科2年下岡紗弓  私は子育てをしながら学校に通っているお母さん学生です。入学して1年が経ちますが、2科は年齢層が幅広く、仕事や育児と両立している人が多い為、今までの経験や知識を生かしながら交流を深める事ができ、充実した学校生活を送れています。講義はグループワークが多く、看護師にとって重要なコミュニケーションやチームワーク能力も高める事ができます。今後は実習も始まるのでより一層気を引き締めて頑張っていきたいと思います。                                  

22年 下岡 紗弓)

 


2科2年藤原涼香  学校生活で頑張っていることは、勉強と仕事の両立です。私は今まであまり勉強をしてきませんでした。学校に入り本格的に仕事を始めたため、勉強をする時間はありませんでした。でも、2科の生徒はほとんど仕事をしている人達なのでそんなクラスメイトをみていると、自分も頑張らないとと思いました。高め合えるクラスメイトに出会えたことが良かったです。2年目で学校生活にも慣れてきましたが、何事も一生懸命頑張っていきたいです。

22年 藤原 涼香)


2科3年奥村文  地元を離れ、豊橋に来て3年目になりました。知らない土地での生活や学校生活に不安ばかりでしたが、周りの親切な友人・先生方や地域の方に支えられ、苦手な座学を乗り越え、無事に3年生になる事ができました。5月から領域実習が始まる事で不安や心配で一杯ですが、今まで座学で得た知識や、学内演習で得た技術、准看護師として働いた経験を生かし、クラスのみんなや実習グループのメンバーで協力し合い、乗り越えていきたいと思います。                                

23年 奥村 文)

 

 

 

 


2科3年N3年生になり残すは実習の日々となりました。今まで勉強してきた沢山のことを臨地の場で発揮できるよう一生懸命頑張りたいです。学校生活では辛い事もたくさんあります。辛い事、大変な事の方が多いと思いますが、辛い事はずっとは続きません。ジェットコースターと同じでいつか終わりがきます。大切な仲間と協力し合い乗り越え、達成感や喜びを得た事は一生忘れないと思います。11日を大切にし、残りの学校生活を悔いのないよう、頑張りたいです!!                          

23年 N

 


2科3年山本拓

 気が付けば学生生活も残り1年となり、3年生は領域実習、統合実習、国家試験と今までの授業で学んできた知識や技術の応用が大切になってきます。また当校では先生と生徒の距離が近く気軽に質問や相談ができるため良い雰囲気で、学校生活を送る事ができると思います。今後の実習や国試で辛く投げ出したいと思う日もあると思いますが、患者様から「今日の担当があなたで良かった」と言われる看護師を目指し勉学に励んでいきたいです。                                  

23年 山本 拓)

 

 

 

 


 

 
お問い合わせ先
豊橋市立看護専門学校
〒441-8085
愛知県豊橋市青竹町字八間西100-3
電話:0532-33-7891
FAX:0532-33-7890
メールアドレス:kangaku@city.toyohashi.lg.jp