背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
豊橋市立看護専門学校/先輩メッセージ

先輩からのメッセージ

 本校へ入学をお考えのみなさんに先輩からの温かくて元気の出るメッセージをお届けします(令和5年度の学年です)。

準備中
 1年次は、テストと課題の量が多くうまくやっていけるか不安だったけど、クラスの雰囲気も良く、先生方のサポートも手厚いので安心して学校生活を送ることができます。授業も外部講師が多く、医師が直接教えて下さるので、より専門的な知識を学べることも特徴です。また、実習先が隣接している豊橋市民病院であることから移動がスムーズにでき充実した実習を行えます。学費がとても安いことも魅力です。(1科1年 江山 晏未)

準備中
 私がこの学校を選んだのは、主な実習施設が豊橋市民病院であり、実習が受けやすいなと思ったからです。この学校に入学し大変なことも多いですが、明るくて優しいクラスメイトと支え合いながら頑張っています。また、大学と比べ1学年1クラスで小人数であるため、先生方は生徒一人一人に寄り添い指導して下さいます。これから楽しいことよりも大変なことが多いと思いますが、私の目指す看護師になれるよう日々努力していきたいです。(1科1年 鈴木 沙那)

準備中
 私は、豊橋市民病院が学校の隣にあることや、この学校で、看護師に必要な知識、技術を身につけ、患者様一人ひとりの気持ちに寄り添えるような看護師になりたいと思い入学しました。学校生活にも少しずつ慣れてきました。課題やテストで大変な時もありますが、クラスメイトや先生方に助けてもらいながら充実した学校生活を送っています。看護師になるという同じ目標をもっている仲間たちと支え合いながら頑張っていきたいです。(1科1年 高橋 綾)

準備中
 この学校に入学して、テストや実習など大変なことが多くありました。しかし、クラスメイトと協力し合ったり、先生方が相談に乗って下さったりして乗り越えてくることができました。クラスメイトの仲はとてもよく、辛いこともありますが、毎日楽しく過ごせています。2年生の終わりから領域別実習が始まりますが、グループメンバーやクラスメイトと助け合いながら、実習できることに感謝をして頑張っていきたいと思います。(1科2年 神田 芹菜)

準備中
 この学校の良さは、優しい先生方がいること、クラスメイトの仲が良く、実習環境が整っていることです。学校生活では大変なこともあり、自分の努力が足りないことも痛感しますが、クラスメイトや先生方の協力があり、乗り越えられています。これから領域別実習が始まるので不安も大きいですが、今まで学んできた知識や技術を活かして患者様により良い看護を提供し、看護師になるという強い意志を持って挫けずに頑張っていきたいです。(1科2年 鈴木 美空)

準備中
 2年生になり、テストや課題などが増え大変なことが沢山ありますが、クラスの仲間や先生たちの支えもあり、毎日楽しい学校生活を送ることができています。これからは実習が始まり、辛いこともあると思いますが、仲間と支え合い、高め合いながら目標である看護師になれるように努力していきます。この学校で学び、一緒に看護師を目指しましょう。
(1科2年 高尾 華)

準備中
 11月で領域すべての実習が終了しました。実習中は、自分自身の未熟さを痛感すると共に、悩み苦しいことも多くありました。その中でグループメンバーや先生方が成長できるように手を差し伸べて下さったり、患者様からの「ありがとう」の言葉が原動力となり日々学びを深めながら看護の楽しさを実感することができました。臨床での学びに加え、毎日学習に取り組みながら国家試験に向けてクラスのみんなと頑張っていきたいです。(1科3年 小林 由依)

準備中
 3年生になり、領域別実習、統合看護実習とすべての実習を終えることができました。実習では、1・2年生での座学の学びを臨床の場で結び付けられるとより理解が深まり、さらに国家試験へと繋がります。大変なことは沢山ありましたが、グループメンバーや先生方に相談し、互いに励まし合いながら乗り越えることができました。今度は、クラス全員国家試験を合格できるように頑張っていきたいです。(1科3年 豊田 紗梨)

準備中
 1年生の頃は学校生活や病院での実習、さまざまな専門分野の授業に対して自分でもできるのかという不安が沢山ありました。しかし、どんな質問にもわかりやすく丁寧に答えてくださる先生方や、優しくあたたかいクラスのみんなのおかげで、楽しい学校生活を送ることができています。国家試験対策が早い段階から始まり、サポートも手厚いのでとても心強いです。(1科3年 若月 那帆)

準備中

 私は現在准看護師として豊橋市民病院で働きながら学校に通っています。准看護師の資格を取得した時とは違い、単元も増え、様々な事がより深い所まで求められ、学習がかなり難しくなっています。しかし、理解出来た際には看護の楽しさを感じることが出来ます。又、先生もとても優しく、そして分かりやすく、面白い授業をしてくださる先生などがいて興味をもって学べています。国家試験合格に向けて日々の学習を大切にしていきます。(2科1年 高木 彩)


準備中
 私は浜松市医師会看護高等専修学校卒業後、病棟勤務を3年経験し本校に進学しました。私は45期生では最年長で、学習面・体力面など皆についていけるかどうかとても不安でした。しかし目標を共にする仲間達とも打ち解け、先生方も優しく見守って下さり、のびのびと学校生活を送れています。この学校に入学するにあたり背中を押してくれた母校の先生方や友人達、現在も仕事と学業の両立を支えて下さっている職場の皆様には感謝しかありません。(2科1年 三原 希実子)


準備中
 私は、看護について科学的根拠に基づいて学習し、知識や技術を高め看護実践に活かせるよう日々勉学に励んでいます。その中でも特に、グループワークなどの他者と協力し合って活動する機会が多いです。看護にとって必要な、人との関わりの基礎であるため、多様な価値観を持つ一人ひとりが理解し合うことを行っています。相手の思いをくみ取るといった看護学を通して様々な経験を習得することができます。これからも他者と協力し合い、科学的根拠に基づいて学習を得て看護を高めていきたいです。(2科1年 森末 大輝)


準備中
 私は准看護師として2年間の病院勤務を経て看護2科へ入学しました。当初は仕事と学校を両立することは大変な時期もありましたが、先生方の熱意や学生と看護に対する思いを感じ、学べる機会があることの大切さや楽しさ、将来の目標に向かって成長できていることを今は実感できています。間もなく実習が始まるため忙しい日が続きますが、これまでの積み重ねを大事に勉強も実習も楽しむ気持ちを持って頑張りたいと思います。(2科2年 都築 幸治)


準備中
 私は午前中仕事をし、学校に行き、帰って家事・子育てをしています。課題やグループワーク、演習などがあり大変だと感じることはありますが、同じように頑張る仲間と励まし合い、困った時は親身になって話を聞いてくれる先生がいます。これから基礎実習が始まります。不安もありますが仲間と支え合い、いつも味方でいてくださる先生がいるので、しっかりと学びを深めて患者様に寄り添った看護をしていきたいと思います。(2科2年 本間 恵美)


準備中
 私は、現在午前中病院で勤務し午後から学校に通っています。平日に夜勤を行うこともあり、仕事と勉強の両立は大変ですが日々充実した学校生活を送っています。1月からは基礎実習が始まり、その後領域別実習が始まります。実習に向けて毎日コツコツ勉強し実習に臨みたいです。これから大変なことが沢山あると思いますが、看護師になりたいという気持ちを大切にしながら頑張っていきたいです。(2科2年 松本 瑞帆)


準備中
 私は、准看護学校卒業後この学校に入学しました。座学や実習を通してより深く学び、先生方や臨床経験のあるクラスメイトから様々な意見をもらうことで、視野が広がり、スキルアップにも繋がったと考えます。後期に入り国家試験も迫り不安は大きいですが、残りの学校生活を楽しみながら勉強に励んでいきたいと思います。(2科3年 桒原 琴美)


準備中
 私は准看護学校を卒業後この学校に入学しました。現在は積み重ねてきた知識や援助を活かし領域別実習に取り組んでいます。患者様からはもちろん、教員や看護師からの助言をもとに日々学んでいます。支えてくれるグループメンバーや親身になって相談に乗ってくれる教員、患者様から頂いた言葉に救われることが沢山あり今まで乗り越えられてきました。国家試験も迫り不安も大きいですが、勉強を頑張っていきたいです。(2科3年 深谷 もか)


準備中
 私は、准看護学校卒業後そのまま看護専門学校へ入学しました。今は、毎日実習へ向かっています。実際に患者様と関わることで、自分の知識・技術の未熟さを痛感しています。ですが、それ以上に座学では学べない経験をして、成長も感じています。迷い、悩むことも多いですが、グループメンバーと協力し、先生方にも支えて頂きながら、臨んでいます。残りも仲間と一緒に看護師目指して頑張っていきます。(2科3年 F)

 

 

 お問い合わせ先

豊橋市立看護専門学校
〒441-8085
愛知県豊橋市青竹町字八間西100-3
電話:0532-33-7891
FAX:0532-33-7890
メールアドレス:kangaku@city.toyohashi.lg.jp