本文へ移動
メニューへ移動
【パートナーシティ(2019年6月~)】リトアニア共和国パネヴェジス市との交流

リトアニア共和国パネヴェジス市との交流

 リトアニア国旗
パネヴェジス市の概要

人口

約10万人(リトアニアで5番目に大きい都市)

面積

約50km 2

位置

リトアニア共和国の中心に位置し、バルト地域の2つの首都ビリニュス(リトアニア共和国の首都)とリガ(ラトビア共和国の首都)の中間にある。その地理的優位性から、他のリトアニアの都市を結ぶ重要な役割を果たしているほか、バルチカ高速道路がスカンジナビア半島や西ヨーロッパの国々ともつながっている。

経済、産業

3,000余りの会社が拠点を置き、自動車及びオートバイの卸売業、小売業、修理業が最も多くを占めている。パネヴェジス市への外国からの投資は増えており、ノルウェーの工業団地は、リトアニアで唯一、パネヴェジス市にある。

施設・観光資源

ライスヴェス広場(市の名前の由来となるネヴェジス川の旧河川敷)、人形劇、アートギャラリー、ガラス工房、CIDO(シド)アリーナ(スポーツ競技、イベント等に使われ、インナーサークルが設けられているのが特徴)など。

パートナーシティ提携に至る経過

2016年(平成28年)

  • 豊橋市がリトアニアのホストタウンとして登録される。
2017年(平成29年)  
  • リトアニアから留学生を迎える。
  • 豊橋市長を団長とした友好訪問団がリトアニアを訪問し、オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたトップセールスを実施。
  • パネヴェジス市友好訪問団が来豊し、豊橋まつりのオープニングに参加。リトアニアのPRブースを視察。
2018年(平成30年)
  •  豊橋市長を団長とした友好訪問団がパネヴェジス市を訪問し、今後の交流について検討の準備を行う旨の覚書を締結。
  • パネヴェジス市友好訪問団が来豊し、豊橋まつりへの参加や豊橋技術科学大学など市内施設を視察。

2019年(平成31年/令和元年)

  • 本市にてリトアニア・パラリンピック選手団の事前合宿が行われる。
  • 豊橋市長を団長とした友好訪問団がパネヴェジス市を訪問し、6月27日にパートナーシティ協定書に調印。

 

パネヴェジス市の様子

 

 ●リトアニア・パネヴェジス市について.pdf( 437KB )

 

 ●2019年友好訪問団報告書

完全版 リトアニア友好訪問団報告書  完全版.pdf( 9936KB )
分割版1  目次、はじめに、訪問団日程、訪問団概要 lithuania 1.pdf( 2693KB )
分割版2 視察報告、訪問を終えて  lithuania 2.pdf( 6657KB )
分割版3  参考資料:協定書、新聞記事ほか  lithuania 3.pdf( 2111KB )

 

 

  <友好訪問団(パネヴェジス市役所前)>    <友好親善市民訪問団(調印式)>

 

 

 

   <リトアニア民族楽器 カンクレス>       <パネヴェジス市人形劇場>