本文へ移動
メニューへ移動
残留動物用医薬品等の検査
牛や豚を飼育する際に使用した動物用医薬品などが食肉中に残留していないかを確認するために、高速液体クロマトグラフィなどの分析機器を用いて検査しています。

 残留動物用医薬品等の検査

動物医薬品等の検査豊橋市食肉衛生検査所では、厚生労働省の畜水産食品モニタリング事業の一環として、任意に選択した豚を、残留抗菌性物質及び残留駆虫薬の検査を行っています。また、家畜の治療や投薬歴などから抗菌物質や駆虫薬などの動物用医薬品の残留が疑われる家畜を対象としたスクリーニング検査や、治療歴等がなく搬入された健康な家畜の中から任意に選択した豚を対象にしたモニタリング検査も行っています。詳しくは事業概要をご覧ください。