背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
令和6年度定額減税に係る補足給付金について

定額減税補足給付金の概要

 令和6年度税制改正において行われる定額減税の対象者のうち、減税しきれないと見込まれる方に対し、その差額を給付します。

 現在、準備中のため、個別のお問い合わせに回答することはできません。

 対象となる方には、確認書を7月末に発送する予定です。しばらくお待ちください。

 今後更なる詳細が決まり次第、こちらのホームページ等でお知らせいたします。

 ※所得税の定額減税については国税庁のホームページをご確認ください。

   ※個人市民税・県民税の定額減税に関しては「定額減税について【令和6年度課税】」をご確認ください。

 

 

給付対象者

 定額減税前の「令和6年分推計所得税額」または「令和6年度分個人住民税所得割額」から定額減税可能額(※1)を控除しきれない方

  令和5年中の合計所得金額が1,805万円を超える方は対象外となります。

 

(※1)定額減税可能額の算出方法

 所得税分 : 3万円×減税対象人数

 個人住民税所得割分 : 1万円×減税対象人数(※2)

 

(※2)減税対象人数とは、納税義務者本人+控除対象配偶者+扶養親族(16歳未満の扶養親族を含む)の数

(注)控除対象配偶者と扶養親族は、令和5年12月31日時点で国外に居住する者を除く

 

 

給付額

(1)所得税分定額減税可能額-令和6年分推計所得税額

(2)個人住民税所得割分定額減税可能額-令和6年度分個人住民税所得割額

上記(1)と(2)の合計額(合計額の1万円未満を切り上げ)

 

 

給付金を受給するための手続き及び通知発送時期

 本給付金の対象となる方には、7月末に給付金額等を記載した確認書を順次発送する予定で準備を進めています。

 申請は、発送する確認書を同封の返信用封筒にて返送してください。

 詳細は改めてホームページなどでお知らせします。

 

 

給付金を装った詐欺にご注意ください!

 国や市では、電話やショートメッセージ、メールなどで銀行の口座情報を聞き出そうとすることや、 ATMの操作をお願いすることは一切行っていません 。

 不審な電話やSMS、被害の相談については、お近くの警察署または警察相談専用電話(#9110)にご相談ください 。

 

 

定額減税に係る補足給付金についての問い合わせ先

 豊橋市定額減税補足給付金コールセンター

 電話番号/0532-21-6266

 受付時間/午前9時から午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く)