本文へ移動
メニューへ移動
自然環境についてのご質問

担当:環境保全課 自然環境・管理グループ(0532-51-2385)

死んだ野鳥や獣を見つけました。

複数匹が外傷なく死んでいる等、不審な点がある場合は環境保全課までご連絡ください。

回収は、収集業務課(0532-61-4136)で行っています。詳しくはこちら

更新日:2020年2月19日

弱っている野鳥や獣を見つけました。

かわいそうに思うかもしれませんが、たとえケガや病気で弱っていても、野生の生き物は「自然のままに」しておくことが原則です。特に獣類は、感染症を含め人に危害が及ぶ可能性がありますので、見つけても触らないでください。

なお、野生の獣や鳥を許可なく捕まえたり飼ったりすることは、法律で禁止されています。

更新日:2020年3月11日

落ちているヒナを見つけました。

巣立ち間近のヒナ(特に春~夏)は、飛ぶ練習中に地面に降りていることがあります。親鳥が近くで見守っていますので、決して拾わないでください。また、人間が近くにいると親鳥は近づけませんので、その場から離れてください。

もし拾ってきてしまった場合は、親鳥が探していますので、すぐに元の場所に戻してください。

更新日:2020年3月11日

外来生物と思われる生物を見つけました。

豊橋市では外来生物の目撃情報を収集しています。こちらの外来生物目撃情報投稿フォームから情報をお寄せください。

豊橋市で確認されている外来生物に関しては こちらをご確認ください。

更新日:2020年3月11日

豊橋市アカウミガメ実態調査員になりたいです。

環境保全課では、随時調査員を募集しております。調査員については、こちらをご覧ください。また詳細についてはお気軽にお問い合わせください。
更新日:2020年3月11日

表浜海岸で車の乗り入れ規制があるのはなぜですか。

海岸利用者の安全と、アカウミガメをはじめとする海岸の自然環境を守るためです。平成18年より、東細谷町から田原市伊良湖町までの太平洋沿岸において、自動車・オートバイなどの砂浜への乗り入れが規制されました。違反した場合は、法律により6か月以下の懲役または罰金が科せられます。
更新日:2020年3月11日

豊橋で自然を楽しめる場所を教えてください。

自然豊かな豊橋を6地域に分けて、それぞれ特徴のある自然がみられる場所を「とよはしネイチャースポット」として紹介しています。詳しくはこちらをご覧ください。

また、豊橋の自然を紹介した冊子を発行、販売しています。→「豊橋の自然探検

更新日:2020年3月11日

豊橋で自然公園に含まれる区域はどこですか。

概略は、マップあいちの「愛知県自然公園情報マップ」で確認できます。→https://maps.pref.aichi.jp/

地図で判断しにくい部分についてはご自身で判断せず、環境保全課までお問い合わせください。

自然公園は、風致・景観の保護を図るため、土地の所有に関係なく地域を指定しており、一定の行為規制があります。

更新日:2020年3月11日