本文へ移動
メニューへ移動
学校いのちの日

「豊橋・学校いのちの日」について

1 趣旨 (「豊橋・学校いのちの日」設定への思い)

  1. 平成22年6月18日、豊橋市立章南中学校の野外活動中にカッターボートが転覆し、ひとりの尊い命を失ってしまった。この事故を風化させることなく、再発防止の徹底をはかる。
  2. この事故を教訓として、市内全小中学校を挙げて「学校の安全管理・危機管理」を再確認し、教職員の安全や危機管理に対する意識の維持・向上をはかる。
  3. 全市一斉に、教師と子どもたちが「いのち」の大切さについて考える日とする。

2 期日

 令和2年6月18日 木曜日 ※毎年6月18日

3 内容

 ○6月18日を中心に、各学校において「いのち」にかかわる取り組みを行う

本年度の主な取り組み

(1)「いのち」を見つめる授業や体験活動
  • 外部講師を招いての「いのち」をテーマにした講演会
  • 「いのち」を題材にした道徳や学級活動などの授業
  • 図書館に「いのち」にかかわりのある特設のコーナーを設置
(2)「いのち」をテーマにした全校集会
  • 全校児童生徒を対象にした、校長もしくは外部講師による講話
  • 図書館司書や委員会児童などによる「いのち」に関する本の読み聞かせ
  • メッセージを結びつけた黄色の風船を全校一斉にリリース
(3)「安全・安心」を視点とした活動
  • 津波や地震を想定した避難訓練(小中・ブロック・保育園との合同を含む)  
  • 新型コロナウイルス感染防止に関する研修
  • 出前講座の中でコミュニティマップを活用した防災学習
  • 校区合同防災訓練への参加
  • 危機管理マニュアルを全職員で読み合わせ、役割分担など再確認
  • 消防署員等による救命救急講習会
  • 食物アレルギー、校外学習における受傷時などの対応に関する研修会

                令和2年度「豊橋・学校いのちの日」の取り組み計画.pdf( 425KB )