背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
吉田城

吉田城

さくら

吉田城は1505年に築城された今橋城が後に改称されたもので、現在は昭和29年に復興された鉄櫓が豊川のほとりに建っています。

豊橋公園内にあり、美術博物館、三の丸会館とともに多くの市民に親しまれています。

住所/豊橋市今橋町3番地(豊橋公園内)

アクセス/JR・名鉄「豊橋駅」から豊鉄市内線で約10分「市役所前」下車、徒歩5分

開館時間/午前10時~午後3時

入館料/無料

開館日/火~日曜日

休館日/月曜日・年末年始

※月曜日が祝日の場合は開館します。

詳細は美術博物館のホームページをご覧ください

吉田城の歴史やパンフレットのダウンロードなどより詳しい情報は

美術博物館のホームページをご覧ください。

吉田城パンフレット

美術博物館ホームページ(吉田城)

吉田城 御城印を販売しています

2024年3月4日(月曜日)から新たに小笠原家の家紋入り御城印を頒布します。

第6弾として今回は、約52年間4代にわたり吉田城主を務め、幕府の要職にも就いていた小笠原家の家紋である「三階菱(さんがいびし)」を採用しました。
小笠原氏は、徳川家康の孫娘を迎えたことで有力な譜代大名となった一族です。小笠原氏の藩主時代には、向山大池を造成し、この水を吉田城の総堀へ流入させることで防備を固めました。その後に、大池の水を下水道や農業用水に活用し、城下町の整備を概ね完了させました。また、小笠原忠知は山田宗徧を召し抱え、この地域の茶道普及の基礎を固めました。

 文字デザインは、本市在住のデザイン書道家、鈴木愛さんが手がけました。
吉田藩の発展期を思わせる豊かで勢いのある太めの線によりダイナミックに仕上げ、さらに風雅を連想させる雅な書体としてふくよかに丸みを帯びた線を取り入れています。茶道に通ずる「侘び寂び」も、かすれの白と黒々とした線の対比で、寂びとそれを愛でる気持ちが表れています。
 

  小笠原  深溝松平イメージ    牧野家の家紋入り御城印

  第6弾 小笠原家の家紋入り御城印  第5弾 深溝松平     第4弾 牧野

 

販売場所

豊橋市役所 東館1階 じょうほうひろば (9時から17時)

休業日:市役所の閉庁日

豊橋市三の丸会館 (9時から16時)

販売日:土日曜日、祝日(年末年始を除く)

※令和4年6月1日からの豊橋美術博物館休館に伴い、販売場所が変更となりました。

販売料金

1枚 300円(税込)

池田輝政の家紋入り御城印酒井御城印

歴代城主のうち、池田氏、酒井氏、大河内氏、牧野氏、深溝氏、小笠原氏の家紋を使用した6種類の御城印があります。

勢いや躍動感のある文字は、豊橋のデザイン書道家 鈴木愛さんが手掛けました。

御朱印集めが趣味の方、全国のお城ファンの方、吉田城に訪れたことのない方、ぜひお越しください!

 

御城印の種類

御城印一覧

「続日本100名城」スタンプ

【スタンプ設置場所】
●吉田城鉄櫓内
住所:豊橋市今橋町3番地(豊橋公園内)
時間:午前10時~午後3時

休館日:月曜日・年末年始

※月曜日が祝日の場合は開館します。

吉田城鉄櫓が休館の場合は下記の場所にてスタンプの押印ができます。

●豊橋市役所東館13階 手筒花火体験パーク

住所:豊橋市今橋町1番地

時間:午前8時~午後9時30分

休館日:無し

入館料:無料

主催:公益財団法人日本城郭協会