背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
2024年6月

ちびっ子寿司道場を開催しました

寿司を握るようす6月15日(土曜日)、回転ずしの武蔵丸豊橋藤沢本店で、ちびっ子寿司道場を開催しました。年少~年長児と保護者が参加し、職人たちから握り方の指導を受けて挑戦しました。子どもたちは小さな手のひらに大きなまぐろやえび、サーモンなどのネタとシャリを乗せて一生懸命に握り、完成した自分のお寿司を保護者に見せると満足そうな笑顔を見せていました。

ものづくり博2024 in 東三河が開催されました

会場のようす6月14日(金曜日)、6月15日(土曜日)に、ものづくり博2024 in 東三河が開催され、東三河にあるものづくり企業の最新技術や、世界で活躍する技術などが展示されました。来場者は、それぞれの企業ブースで実際の製品に触れてみたほか、トイドローンの操縦体験やロボットプログラミング体験などにも参加し、ものづくりの面白さを体感していました。

台北市立動物園の曹先紹博士が市長を表敬訪問しました

台北令和6年6月7日(金曜日)、台湾の台北市立動物園の曹先紹(エリック・ツァオ)博士が浅井市長を表敬訪問しました。曹博士と市長は、それぞれの贈り物を贈りあい、握手を交わしました。市長は今後も両動物園の密な連携をとっていきたいと話をしました。

徳光和夫さん(肝炎対策広報大使)が市長を表敬訪問しました!

徳光和夫さん令和6年6月4日(火曜日)、市民がウイルス性肝炎の正しい知識を持ち、肝炎ウイルス検査を受けることで早期発見・早期治療に結びつけることを目的とした「知って、肝炎プロジェクト」の肝炎対策広報大使である徳光和夫さんが、市長を訪問し肝炎対策の課題や取組について対談しました。

中部電力パワーグリッド株式会社豊橋支社と協定を締結しました

締結式のようす6月10日(月曜日)、中部電力パワーグリッド株式会社豊橋支社と「ゼロカーボンシティとよはしの実現に向けた連携に関する協定」を締結しました。今後、再生可能エネルギーの普及拡大などで協力していきます。浅井市長は「ゼロカーボンシティの実現は行政の力だけではできない。自然豊かな豊橋を次の世代に残すため、連携して取り組みを進めたい。」と話し、中部電力パワーグリッド株式会社の小林豊橋支社長は「環境教育など、様々な分野で市と協力していきたい。」と話しました。

父の日を前にコチョウランを贈呈していただきました

市長に贈呈6月5日(水曜日)、季節ごとに花を贈る「花贈り」の文化をつくるため、父の日を前に豊橋市花き園芸振興協議会 洋らん部会よりコチョウランを贈っていただきました。コチョウランをいただくのは今回で24回目です。部会長の寺部さんは「コチョウランの生産は豊橋が日本一だが、これからも消費拡大を図っていきたい。」と話していました。