背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
不育症検査費用助成

重要なお知らせ

 令和4年12月1日から「流死産検体を用いた遺伝子検査(次世代シーケンサーを用いた流死産絨毛・胎児組織染色体検査)」が助成対象となりました。

 対象は、今回が2回目以降の流死産となる方です。

 詳細が決まり次第情報を更新します。

不育症検査費用助成

保険適用外の不育症検査のうち、先進医療として実施される検査に要する費用について自己負担額の一部を助成します。

 


対象となる方

豊橋市内に居住していて、2回以上の流産・死産の既往がある方

 

助成対象となる検査

 

現在、対象となる検査はありません。(令和4年8月1日)

 

※助成対象であった「流産検体を用いた染色体検査」が令和4年4月より保険適用されたため、現在は対象となる先進医療はありません。


※対象となる検査の実施機関として承認されている保険医療機関で実施した検査であり、保険適用されている不育症に関する治療・検査を、保険診療として実施している医療機関で当該検査を実施した場合に限ります。

※令和3年4月1日以降に実施した検査に限ります。

※該当の医療機関が先進医療の実施機関として承認された日以降に実施した検査に限ります。

 

助成金額

検査に要した費用に対して、1回の検査につき5万円を上限に助成します。

 

申請期間

検査が終了した日から年度末(令和4年3月31日)まで

 

申請場所

豊橋市保健所(ほいっぷ)こども保健課

所在地:豊橋市中野町字中原100番地

 

申請方法

提出書類

  1. 豊橋市不育症検査費用助成事業申請について(PDF/63KB)

  2. 豊橋市不育症検査費用助成事業申請書(様式1)(PDF/85KB)

  3. 豊橋市不育症検査費用助成事業申請書(様式1)(記入例)(PDF/109KB)

  4. 豊橋市不育症検査費用助成事業受検証明書(様式2)(PDF/64KB)

  5. 豊橋市不育症検査結果個票(様式3)(PDF/55KB)

  6. 豊橋市不育症検査助成事業請求書(様式6)(PDF/22KB)

  7. 豊橋市不育症検査助成事業請求書(様式6)(記入例)(PDF/37KB)

  8. 申請しようとする検査に要した領収書及び診療明細書

その他持参するもの

預金通帳など振込口座のわかるもの

 

申請書について

  1. 豊橋市保健所こども保健課の窓口で受け取る

  2. 豊橋市不育症検査費用助成事業申請書のダウンロード

※申請書のダウンロードについては、ご利用上の注意事項をお読みください

 

 

不育症って何?

妊娠はするけれど、流産や死産を繰り返してしまう場合等を「不育症」と呼びます。また、不育症とは一つの病気ではなく、いくつかの症状を含めての総称となります。

更新日:2021年9月9日

不育症の原因は?

 流産は約15%の頻度で生じますが、妊娠時の年齢が高齢になると流産率が増加すると考えられています。 

 主な原因は、高リン脂質抗体症候群、夫婦どちらかの染色体異常、子宮形態異常、内分泌異常などですが、検査をしてもこれらがはっきり見つかるのは約30%です。一般的に半数以上が原因不明とされています。

更新日:2021年9月9日