背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
健康被害救済制度について

 新型コロナワクチン接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。

(1)通常みられる反応
 注射部位の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛み、悪寒、下痢等が比較的高い頻度で認められます。通常、数日以内に自然に治るので心配の必要はありません。

(2)重い副反応
 症状が重かったり、長引くことがあれば、医療機関への受診や相談をご検討ください。極めてまれに健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。このような場合に、 厚生労働大臣が予防接種法に基づく予防接種を受けたことによるものと認定したときは健康被害救済制度による給付の対象となります。
 
(3)紛れ込み反応
 予防接種を受けてしばらくした後に、何らかの症状が出現すれば、予防接種が原因ではないかと疑われることがあります。しかし、たまたま同じ時期に発症した他の感染症などが原因であることもあります。

愛知県新型コロナワクチン副反応等見舞金について

 医療費等の経済的負担を支援することを目的に、新型コロナワクチン接種後の副反応(副反応疑いを含む)の症状により医療機関で治療を受けた県民の方を対象に、県独自の見舞金を支給します。

 支給対象者や支給額、申請方法等の詳細は愛知県ホームページをご覧ください。

  

予防接種による健康被害救済制度について

1. 申請

予防接種によってひきおこされた副反応により、疾病にかかったり、その疾病で障害の状態となったり、死亡した場合において、予防接種法に基づく給付の申請をすることができます。

             

2. 審査

その健康被害が予防接種によって引き起こされたものか、別の要因によるものなのかの因果関係を、予防接種・感染症医療・法律など、各分野の専門家からなる国の審査会にて審議し、 予防接種によるものと認定された場合に給付を受けることができます。

             ⇩認定されたら

3. 給付

健康被害の程度等に応じて、医療費、医療手当、障害児養育年金、障害年金、死亡一時金、葬祭料の区分があり、法律で定められた金額が支給されます。死亡一時金、葬祭料以外については、治療が終了するまたは障害が治癒する期間まで支給されます。

   厚生労働省の健康被害救済制度のページ

4. 注意事項

(1)健康被害救済制度は、申請書類の確認や申請された事例に対する審議会の開催が必要なため、認定までに期間を要します。

(2)申請後も、追加資料を提出する必要が生じる可能性があります。

(3)申請に係る各種書類の文書料は自己負担となります。 

豊橋市の加入する保険による救済制度

 豊橋市が実施した任意予防接種後に生じた症状により、死亡または予防接種法に定める身体障害3級相当以上の障害を負った場合、症状と接種との因果関係が認められれば、豊橋市が加入している全国市長会予防接種事故賠償保障保険によって所定の給付を受けることができます。
 独立行政法人医薬品医療機器総合機構による救済制度と併せて給付を受けることが可能です。

問合先・相談窓口

愛知県新型コロナウイルス感染症健康相談窓口

電話番号:052-954-6272

受付時間:毎日 午前9時~午後5時30分

電話番号:052-526-5887

受付時間:平日 午後5時30分~翌朝 午前9時(土・日曜日、祝日)