本文へ移動
メニューへ移動
風しん無料クーポン券(抗体検査・予防接種)について

 平成30年に始まった風しんの流行を受け、国は令和4年3月31日までの3年間、抗体保有率の低い世代の男性に対する抗体検査・予防接種を無料で実施しています。対象の方には豊橋市から全国の協力医療機関で使えるクーポン券をお届けしています。

 詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

クーポン券発送対象者と回数

  • 対象:昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性
  • 回数:令和4年3月末日までに抗体検査・予防接種ともに1回まで
  • 費用:抗体検査・予防接種ともに無料

令和2年4月に抗体検査・予防接種を受けるためのクーポン券をお届けしています。受診方法については、下記の案内をご覧ください。クーポン券の有効期間は令和2年4月~令和4年3月末日までです。

  • 令和元年12月末時点において、費用助成(クーポン券の使用を含む)を受けて抗体検査または予防接種を実施した方にはお届けしていません。
  • 令和元年12月までの実施データに基づきクーポン券を発行しています。令和2年1月~3月にクーポン券を使用した方にも新しいクーポン券をお届けしていますが、使用できませんので破棄してください。また、お手元に古いクーポン券 (有効期限が令和2年3月末日までのもの)がある場合についても、 使用できませんので破棄してください
  • 豊橋市から転出(住民票を異動)した方は豊橋市のクーポン券は使用できません。転出先の市町村でクーポン券の発行を受けてください。
  • 紛失した場合の再発行や豊橋市に転入された方は保健所健康政策課までご連絡ください。

クーポンの使い方(抗体検査と予防接種の受け方)

風しん抗体検査・予防接種のご案内

  Rubella antibody test and vaccination(英語版案内)

     Aviso sobre o Exame de Anticorpos e Vacinação Contra a Rubéola(ポルトガル語版案内)

①抗体検査

 まずは風しんの抗体(免疫)があるかどうかを血液検査で調べます。抗体がない方は予防接種の対象となります。

  • 抗体検査は以下の3つの方法で受けることができます。(クーポン券を忘れた場合は無料で検査を受けることができません。)
A.医療機関で受ける
  • 全国の協力医療機関で検査が可能です。
  • 協力医療機関は下記の厚生労働省のホームページで調べることができます。(ページ中段「風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関」を参照して下さい。)
B.職場検診で受ける(主に会社勤めの方)
  • 検査ができるかどうか、あらかじめ勤務先へお問い合わせください。
C.特定健診で受ける(国民健康保険加入者)
  • 豊橋市保健所 健康増進課(0532-39-9141)へお問い合わせください。
②予防接種(抗体がない方のみ)
  • 予防接種は医療機関で受けてください。クーポン券を忘れた場合は無料で検査を受けることができません。)
  • 受けるワクチンはMR(はしか・風しん混合)ワクチンです。
  • クーポン券、本人確認書類(運転免許証など)、抗体検査結果が記載された受診票(原本)をお持ちください。
医療機関で受ける
  • 全国の協力医療機関で検査が可能です。
  • 協力医療機関は下記の厚生労働省のホームページで調べることができます。(ページ中段「風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関」を参照して下さい。)

その他

関連ページ

問合先

〒441-8539 豊橋市中野町字中原100番地
豊橋市保健所 健康政策課 
電話番号 0532-39-9109/FAX番号 0532-38-0780

受付時間:9時00分~17時00分