背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
帯状疱疹ワクチン接種費用の一部助成について

 令和5年度から帯状疱疹ワクチン接種費用の一部を助成します。予防接種法に基づかない任意の予防接種となりますので、かかりつけ医師等にご相談のうえ、予防接種による効果や副反応等十分にご理解いただいたうえで、接種の判断をしてください。

帯状疱疹とは

 帯状疱疹は、多くの人が子どもの時に感染する水ぼうそうのウイルスが原因で起こります。治った後もこのウイルスは神経節に潜んでいるため、ストレスや過労、病気、加齢など免疫力が低下した際に、再び活性化して帯状疱疹を発症します。発症すると、体の片側の一部にピリピリとした痛みがあらわれ、その部分に赤い発疹が出てきます。日本では、80歳までに約3人に1人が発症するといわれており、皮膚症状が治った後も、50歳以上の約2割の方に帯状疱疹後神経痛(PHN)と呼ばれる長い痛みが続くことがあります。

対象者

 豊橋市に住民登録があり、接種時点で満50歳以上の方

(不活化ワクチンを18歳以上の方で接種できる場合がありますが、この助成の対象にはなりません。)

ワクチンの種類・費用について

 帯状疱疹ワクチンは2種類あり、接種方法や回数等に違いがあります。

助成制度の利用はどちらかのワクチンで生涯に1度限りとなりますのでご注意ください。

  生ワクチン(ビケン)  不活化ワクチン(シングリックス) 
接種回数  1回

 2回

(2回目は1回目の接種から原則2か月後、

遅くとも6か月後までに接種する)

例外として、医師と相談のうえ、1か月に短縮できる場合があります

接種方法  皮下注射 筋肉内注射 
有効性 

      50~59歳:69.8%

      60~69歳:64%

      70~79歳:41%

      80歳以上:18%       ※1

       50~59歳:96.6%

       60~69歳:97.4%

       70~79歳:91.3%

       80歳以上:91.4%   ※2

予防効果       5~7年程度    ※1

10年以上

 (11年目以降は延長試験を実施中) ※2

副反応

◆頻度10%以上の副反応

発赤(44.0%)、そう痒感(27.4%)、熱感(18.5%)、腫脹(17.0%)、疼痛(14.7%)、硬結(13.5%)

◆重大な副反応(いずれも頻度不明)

アナフィラキシー、血小板減少性紫斑病、無菌性髄膜炎          ※3

◆ 頻度10%以上の副反応

疼痛(79.1%)、発赤(37.4%)、腫脹

(24.2%)、筋肉痛(36.9%)、疲労(34.6%)

、頭痛(28.3%)、悪寒(21.4%)、発熱

(16.7%)、胃腸症状(12.0%)

◆重大な副反応(いずれも頻度不明)

ショック・アナフィラキシー       ※3

接種費用

5,000円~8,000円程度 

1回あたり20,000円~25,000円程度
助成金額   4,000円 1回あたり10,000円 

◎接種費用は医療機関によって異なります。

<引用文献>

※1 ZostavaxのSPS・STPS・LTPS試験(50歳代はZEST試験)

   国内での有効性について試験を行っていないため、本質的に同じワクチンとされているZostavaxの試験結果から引用

※2 Shingrix Zoster-006・022・049試験

※3 医薬品添付文書

接種の流れ

 市から予診票の発行は行いません。接種を希望する場合は、以下の手順で受診してください。

 

1.実施医療機関に確認・予約をします。

2.医療機関にて予診票を記入し、接種を受けてください。

3.接種費用から生ワクチン(ビケン)は4,000円、不活化ワクチン(シングリックス)は1回あたり10,000円

   引いた額を、医療機関窓口にてお支払いください。

 持ち物

豊橋市民であることが確認できる書類(免許証、マイナンバーカード等)

実施医療機関

 予防接種の費用助成を受けられる医療機関は、下記の実施医療機関一覧に記載された医療機関に限られます。実施医療機関以外で接種した場合は、助成の対象となりませんのでご注意ください。

令和5年度予防接種実施医療機関一覧(帯状疱疹ワクチン)

問合先

〒441-8539 豊橋市中野町字中原100番地

豊橋市保健所 健康政策課

電話番号 0532-39-9109/FAX番号 0532-38-0780

受付時間:9時00分~17時00分