本文へ移動
メニューへ移動
介護予防とは
 老化による筋力低下やそれにともなう転倒による骨折、新しいことを覚える力が低下してくる認知症などは要介護状態を招く大きな原因となります。
 介護予防は、介護を受ける状態になることを予防し、いつまでも元気で、自分らしく、いきいきと暮らしていくために大切です。病気を予防するだけではなく、老化によるからだやこころの変化をいち早く見つけ適切に対処していくと、自立した暮らしを続けていくことができます。また、現在介護や支援が必要な方でも元気を取り戻すことができます。
介護予防について図で解説

長寿介護課 地域予防啓発グループの役割


地域予防啓発グループの役割画像 高齢になるとちょっとしたことがきっかけになって寝ついたり、日常生活の中で他人の手助けが必要になってくることがあります。
 地域予防啓発グループでは、介護を受ける状態になる前に、それを予防するお手伝いをしたいと考えています。  高齢者の方が要介護状態にならないですむように「介護予防」に取り組んでいます。

お問合わせ先

福祉部 長寿介護課 地域予防啓発グループ
〒440-8501 愛知県豊橋市今橋町1番地(豊橋市役所 東館3階)
電話番号(0532)51-2338 FAX番号(0532)56-3810 
メールアドレス choju@city.toyohashi.lg.jp