本文へ移動
メニューへ移動
国民年金の任意加入制度
  • 国民年金に任意で加入できる制度です。次の2種類の制度があります。

高齢任意加入

国民年金は20歳から60歳に達するまでが強制加入期間となっていますが、過去に国民年金に未加入の

期間や保険料を納めていない期間があると、受け取る年金額が少なくなったり年金の受給権を得られない

場合があります。そのため、ご本人の申出により国民年金に任意で加入することができます。

  • 対象者(次の1~4のすべての条件を満たす方)

 1.日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方

 2.老齢基礎年金の繰り上げ支給を受けていない方

 3.20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480月(40年)未満の方

 4.厚生年金・共済年金の加入者ではない方

 *年金の受給資格期間を満たしていない65歳以上70歳未満の方も加入できます。(特例高齢任意加入)

  (昭和40年4月1日以前に生まれた方に限ります。)

  • 保険料の納付方法

 ・口座振替(原則)

  • 必要書類

 ・本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)

 ・年金手帳(基礎年金番号通知書)

 ・預貯金通帳

 ・金融機関の届出印

  • 手続き窓口

 ・市役所西館1階9番国民年金窓口

 *60歳の誕生日の前日から手続きができます。

  • 注意点

 ・納付方法は原則口座振替となります。

 ・付加保険料(月額400円)を納付することもできます。

 ・申出月からの加入となり、過去に遡って加入することはできません。

海外任意加入

国民年金第1号被保険者の方が、海外に居住する場合は、国民年金の加入資格を喪失しますが、

日本国籍のあれば、ご本人の申出により国民年金に任意で加入することができます。

  • 対象者(次の1~4のすべての条件を満たす方)

 1.海外に居住している日本国籍を有する20歳以上65歳未満の方

 2.老齢基礎年金の繰り上げ支給をしていない方

 3.20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480月(40年)未満の方

 4.厚生年金・共済年金の加入者(第2号被保険者)、その被扶養者(第3号被保険者)ではない方

  • 保険料の納付方法

 1.口座振替(日本国内に開設している預貯金口座からの引き落とし)

 2.納付書(国内にいる親族等の協力者がご本人の代わりに納める)

  • 必要書類

 ・本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)

 ・年金手帳(基礎年金番号通知書)

 ・預貯金通帳(口座振替の場合)

 ・金融機関の届出印(口座振替の場合)

  • 手続き窓口

 ・市役所西館1階9番国民年金窓口

 *市民課で海外に転出する届出が終わってから手続きができます。

  • 注意点

 ・付加保険料(月額400円)を納付することもできます。

 ・申出月からの加入となり、過去に遡って加入することはできません

 ・日本へ帰国し、日本国内に住所を有した場合、国民年金の資格が「任意加入」から「強制加入」に

  切り替わります。転入時に国民年金窓口で手続きを行ってください。

関連リンク

任意加入制度(日本年金機構ホームページ)