背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
お医者さんにかかるとき

医療機関での窓口負担割合について

お医者さんにかかるときは、医療費の一部を自己負担することになります。窓口負担割合は保険証に「一部負担金の割合」として記載されています。保険証は、忘れずに医療機関の窓口に提出してください。

令和4年10月1日から2割負担割合が新設されます。負担区分毎の条件については下記の表をご確認ください。

【令和4年9月30日までの負担割合】
負担区分
自己負担
割合
条件
現役並み所得のある方
3割

同一世帯に市町村民税の課税所得が、145万円以上ある被保険者の方がいる世帯。

ただし、次の時は申請により1割負担になります。

1 被保険者の方が1人の世帯
  ・・・
被保険者の収入額が383万円未満のとき

2 被保険者が一人で、その被保険者の収入が383万円以上であって、かつ同じ世帯に後期高齢者医療制度以外の医療保険に加入している70歳から74歳の方がいる世帯

  ・・・被保険者と70歳から74歳の方の収入額の合計が520万円未満のとき

3 被保険者の方が2人以上いる世帯

  ・・・被保険者の収入額の合計が520万円未満のとき

一般
1割
現役並み所得のある方、区分I、区分II以外の方
区分II
市町村民税非課税世帯で、区分Iに該当しない方
区分I
世帯全員の各種所得(給与所得は、税法の規定により計算した金額から10万円を控除した金額。公的年金は控除額を80万円で計算)が0円の方。または、世帯全員が市町村民税非課税で、被保険者本人が老齢福祉年金を受給している方。
 

自己負担割合(9月末まで).pdf(33KB)

【令和4年10月1日からの負担割合】
負担区分
自己負担
割合
条件
現役並み所得のある方
3割

同一世帯に市町村民税の課税所得が、145万円以上ある被保険者の方がいる世帯。

ただし、次の時は申請により1割負担になります。

1 被保険者の方が1人の世帯
  ・・・被保険者の収入額が383万円未満のとき

2 被保険者が1人で、その被保険者の収入が383万円以上であって、かつ同じ世帯に後期高
  齢者医療制度以外の医療保険に加入している70歳から74歳の方がいる世帯
  ・・・被保険者と70歳から74歳の方の収入額の合計が520万円未満のとき

3 被保険者の方が2人以上いる世帯
  ・・・被保険者の収入額の合計が520万円未満のとき

 一般II 2割 市町村民税非課税世帯以外の世帯であって、次の1及び2の両方に該当する世帯に属する被保険者 (現役並み所得のある方を除く)

1 市町村民税課税所得が28万円以上の被保険者がいる世帯。
2 世帯に属する被保険者の年金収入及びその他の合計所得金額が320万円(単身世帯の場合
  は200万円)以上の世帯。
一般I
1割
現役並み所得のある方、一般II、区分I、区分II以外の方
区分II
市町村民税非課税世帯で、区分Iに該当しない方
区分I
世帯全員の各種所得(給与所得は、税法の規定により計算した金額から10万円を控除した金額。公的年金は控除額を80万円で計算)が0円の方。または、世帯全員が市町村民税非課税で、被保険者本人が老齢福祉年金を受給している方。

問い合わせ先

国保年金課 後期高齢者医療グループ (電話番号51-3132)