背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
次世代施設園芸愛知県拠点

 概要

 大規模温室での高品質・高収量栽培実証や地域資源の有効活用実証に取り組むためコンソーシアムを組織し、農林水産省の「次世代施設園芸導入加速化支援事業」を活用して大規模施設園芸拠点を整備しました。
 コンソーシアムを通じて実証で得られた成果を地域に普及していきます。


コンソーシアム名

愛知豊橋次世代施設園芸推進コンソーシアム

コンソーシアム構成員

豊橋市、愛知県、生産者、農業団体、大学等研究機関、関係企業

 

事業内容

・高軒高多連棟ハウスを大規模整備(3.6ha)してミニトマトを周年・計画栽培
・空調及び根域の複合環境制御技術により単収21t/10aの高収量を実現
・豊川浄化センターの放流水が持つ熱エネルギーを活用して化石燃料の使用量を削減
・温室のほか育苗施設や集出荷施設も整備し生産から販売までを拠点内で一気通貫
・コンソーシアムを組織し拠点の円滑な運営と成果を地域へ波及させる環境を整備


事業取組主体

イノチオみらい(株)
http://www.inochio-mirai.co.jp

 

栽培技術者等向け研修会

本コンソーシアムの取組で得た知識や技術の普及を目的に研修会を開催します。

 

〇日時

令和6年2月29日(木)13:30~16:30

 

〇場所

次世代施設園芸愛知県拠点(豊橋市新西浜町1)


〇内容

①「次世代施設園芸愛知県拠点」ほ場視察

②講演:環境に配慮したデジタル施設園芸について(国立大学法人豊橋技術科学大学 教授 髙山 弘太郎)

③講演:本コンソーシアムの実績報告と考察~夏越栽培の可能性と課題点~(イノチオみらい株式会社 代表取締役社長 大門 弘明)


〇対象

愛知県内の農業者及び農業指導員等


〇申し込み方法

・電子メールにてお申込みください。

・メール本文に、「氏名」、「住所」、「電話番号」を記載し、

 豊橋市役所産業部農業支援課(nogyoshien@city.toyohashi.lg.jp)までご送信ください。

※人数制限はありません。